09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.10/08(Sat)

2011/10/8・富士チャレ-ソロ210km

2011年の富士チャレ、ソロ210kmに参加。
予想よりはよいペースで、無事完走できました。


当日出発で渋滞に巻き込まれるのが嫌だったので、前夜に出発して会場の近くで車中泊をする事にしたが、これが裏目。
19時過ぎに出発し、高速に乗る手前でフラスコチューブを忘れたのを思い出して、取りに帰ったものの見つけられず、結局20時過ぎに出発したが、、、首都高で渋滞してて結局、足柄SAに到着したのが22:30頃。
車中泊したけど、冷え込みがキツくて、思った以上に寒かったt t

4:30に足柄SAを出て、5:20頃に会場に着いたら5:30に開場のはずのゲートがすでに開いていた。
しかもピット裏の駐車場には数台違いで入れず(後で移動し直したら空いてて入れれたけど。。)。


20111008-fujichallenge200.jpg
今回は距離たくさんなので特にアップするでもなく、まったり準備しながら、クロさん、M本さん(お久しぶりでした~)にご挨拶し、2週だけ運動がてら試走。
実は試走の目的はコース内から写真を撮る事だったのだが、どうやらそれが原因の事故が多いため今大会では写真撮影は禁止になったらしく、断念。
まあ、写真の通り、天気が悪くて富士山は見えなかったのだけれど、試走の時くらい撮影できると思っていたので、残念。

8:00からはキッズレース。今後の参考のために、未就学クラス500mを観戦。
未就学だと年齢幅は2-5歳と幅広いので、先頭の子は大人顔負けの高ケイデンスで突っ走る一方、のんびり走る子供達もたくさん。
そんな中、唯一のストライダーで出場していた女の子がシンガリを走り、微笑ましい注目を集めていた。
こーゆーのもありかも?(ニヤリ


20111008-fujichallenge-bikes.jpg
大人のレースは9;00にスタート!
今回は特に先頭集団についていく気もないので、中段やや前方からまったりとスタート。

下りと平地は集団内なら平気なペースだけれど、登りは圧倒的に遅れる。
1,2周目は50*25Tで登ったけど、とても最後まで続く気がしないので、3周目以降はインナー34を使う。

登りでインターバルがかからないよう、下りと平坦は一定ペースで回し続けて、登りはリラックスがてらダンシングを織り交ぜながら頑張らない程度に走ってると、なかなかペースが合う集団と合流できず、平坦と下りは先頭を引いて、登りはパスされてゆく感じ。


そんなでも、ま、いっか~。と、50kmくらい。

ホームストレートで後ろから、"こんにちは~"と声をかけてくださったのは、マツハシさん。
これまではチーム参戦だったけど、今回はソロ100kmに挑戦との事。
しばしお話ししながら走っていたが、ふと気がつくと別れてしまっていた。すませんm(_ _)m。

またしばし周回を重ねていると、再びホームストレートにて、
"今日はkiharaさんはどうしました~?"
と白ISOYAで眼鏡をかけた長身の選手に声をかけていただく。
きっと四葉ペンギンジャージのおかげ^ ^
こちらもしばしお話ししながら走っていたのだけれど、お名前を尋ねる前に集団が離れてしまった。
またまたすみませんm(_ _)m


たまに平地と下りで少し自分のペースより早めの集団が通れば、乗っかり、登りで離れてまた一人、をしばし繰り返していると、100kmを過ぎたあたりで、少しずつ登りが登れるようになってきた(ような気がした)。
身体の重りが落ちてきた?
脚も軽くなって回しやすくなってきた気がしたが、代わりに腰回りが激こりで痛くなってくる。

けど、腰の痛み以外はだんだんだんだん調子よくなってきてるのがわかる。

残り40km切ったあたりで、ちょっと早めのペースの集団が来たので、付いていってアウターのまま登りも付いていったら、きついけどリミットは超えることなく付いていける感じ。

お~、やっぱレーシーな走り方は楽しぃ~。

何周回か同じ集団で走っていたけど、ゴールインする選手がいたり、登りで混走になったことで集団は自然消滅。残り数周はまたマイペースで走り、結局、最後まで脚は活きたまんまでゴール。

今回はGarmin先生のGPSによるオートラップ機能で47rap確認できたので、念のため余計に周回するってのはなし。
というか、腰が痛くってそんな気になれなかったというのが本音t t


211.9km, 6:08:08, 198W, 153bpm, 88rpm


予想よりはよいタイムで完走ができ、ひとまず目標は達成。
ひとえに序盤、とにかく登りをマイペースで登っていたからだろうな。

いままで出ていたエンデューロは富士チャレも含めすべて、
”とにかく先頭集団にできる限りついていく、切れたらなんとか最後まで踏ん張る”
という、走り方しかしていなかったから、毎度序盤に貯金して、後半タレタレってパターンだった。

今回もそのパターンだったら、きっと序盤~中盤に脚つって、後半心拍上がらなくなって、本当に完走できてなかったと思う。
先週のクロ練に参加したおかげで、絶対的に登りで遅れる事もわかったし、インターバル的な負荷には耐えられないことや一定ペース走であれば後半身体がなじんで楽になってくることも体感できていたおかげだと思う。
その点は、ほんとクロさん&クロ練には、感謝です。

今の自分のコンディションなりのベストの走りができたし、終始ツラ気持ちよく楽しく走りきることができた!


だけど、

やっぱ、
しっかりトレーニングして、
”ガンガンいこうぜ”
の方が、
もっと楽しいな!というのも、また本音です。


**************************
ちなみに今日のお弁当は、
【補給食】メイタンccc×3本(inフラスコチューブ)、ヴェスパジェル×2、あんぱん×1、どら焼き×1
【ボトル】グリコCCDボトル600mL×2
ピットインはなし。

実はこれ以外に水のボトルを1本背中に入れていた。
2007年に200kmに参加した時にボトル2本で終盤脱水症状気味でヘロヘロになった苦い記憶があり、今年も正午くらいからは晴れて暑くなるんじゃないかと予想していたからなのだけど、今回は終始曇り空だったため全く飲まずじまい。ボトル一本分(ca.700g)荷物になっただけだった。


****************************
4時前に会場を離れて帰路についたが、腰がとにかく痛くって、このまま車の運転で3時間近く腰を固定するのははばかられたので、足柄SAによって、日帰り風呂&肉うどんを食す。

ここの風呂は”高濃度炭酸泉”らしく、10-15minの入浴で血行促進や痛みの緩和などの効能があるとか。
そのおかげか、はたまた肉うどんのおかげか定かじゃないが、腰の痛みは半分くらいになった。

首都高や常磐道のあちこちで事故渋滞が起きまくっていたけど、21時前には帰宅できた。
ちょうど風呂上がりの娘に出迎えてもらって、早速娘からの添い寝指令を遂行し、当然起きてブログなど書けるはずもなく、22時過ぎに就寝Zzz
関連記事
22:56  |  レース  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

●完走おめでとうございます。

事前の弱気はどこへやら。
やっぱり、地力が違いますね。

練習量プラスしたら、すごいことになりそうです。
コヤマ | 2011.10.10(月) 08:53 | URL | コメント編集

●こんばんは~

>コヤマさん
ありがとうございます。
走れるイメージが全然なかったので当日は気楽すぎるくらいに序盤をマイペースに走ったのが、結果としてよかったんだと思います。
でもやっぱり、脚つってパンパンまで追い込むところまで練習してレースして、ってのが好きだな、とも再確認しました^ ^頑張りま~す
シオテツ@ペンギンライダー | 2011.10.10(月) 21:43 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。