10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.02/07(Mon)

2011/2/6・2010年度埼玉県クリテリウム競技大会・第3戦

気がつけば、前回の玉クリから丸1ヶ月ぶりのブログ更新になります。ご無沙汰しておりました。
そして、久々の更新は、またも玉クリ撮影日記です。
もはや自転車カメラ小僧日記状態?

玉クリ撮影も、もう3回目ともなると、結構撮影ネタも尽きてマンネリ気味かと思いきや、、
今回はまたちょっと趣向を変えたテイストの“ロードレースフォト”を狙ってきました。



例によって、撮影したデータの一部はpicasaウェブアルバムに置いてありますので、よろしければご覧ください。


実は、今朝は寝坊してしまったため、9時台スタートのレースからの観戦。
ついでに?移動も今日は徒歩のみで、撮影ポイントはほぼホームストレート周辺だけ。

今日狙ったテーマは、イメージショット中心で、
【逆光】【流し撮り】【縦位置】【広角】
といったキーワードを意識。

真昼間からストロボ焚きながらバシャバシャ撮影¥¥


第1戦の撮影と比べると、同じロケーションのレースにも拘らず、ずいぶん撮影スタイルが違うなぁ、我ながら。。。


もし自分が選手としてレースに出ていて、そのレースの写真が手に入るんだとしたら、第1戦のときのような、しっかりと選手や集団の表情を捉えた、記録・記憶となる写真が欲しいと思う。
アタックをかけた時とか、ゴールスプリントのシーンといった、レース展開の記録写真や瞬間の感情が伝わるような表情を捉えた写真がそれだと思う。

だけど今回は、それとは全くもって逆の写真を撮ってみた。
(学連レースの写真は一部、スプリントシーンの『記憶』)

ブレの激しい写真とか、逆光のシルエットショットとか、集団はおろか、選手の顔もわかんないような写真。

スピード感、人車一体の美しいシルエット、そしてロードレーサのある風景・・・

報道写真やスポーツ写真、というよりはもっと抽象的な、絵を描くような感覚。。


自分は後者の写真を撮りたいんだろうな、と思います。

ん~、でもでも究極的には、記録的でありかつ美術的・芸術的な写真ってのが理想なんだろうなぁ~。。奥は深い!
関連記事
02:08  |  写真撮影  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

●まいど

写真見ましたよ~、毎度ありがとうございます。
少しでも写し甲斐のある被写体となるよう精一杯漕ぎますです。
kihara | 2011.02.08(火) 23:12 | URL | コメント編集

いえいえ、こちらこそ、よい被写体になっていただきありがとうございます。
白ラレージャージは視認性抜群でしたよ^ ^
次回の神宮クリテもファインダー越しに応援予定ですので、がんばってください!
シオテツ@ペンギンライダー | 2011.02.12(土) 01:09 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。