09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.11/18(Thu)

2010/11/14・2010ツールド沖縄市民レース210km・レースレポート後編

2回目の普久川ダムの登りですでに自分が乗っていた集団はバラバラになってて、下りは一人旅。

そして下ってすぐに高江の登りがスタート。

脚はもはや回復せず、攣ったままで踏み続ける状態で登りに突入して。。。

おぅ。。
このあたりから、コースプロフィールと記憶があいまいだ。。

とにかく50-100mのアップダウンがひたすら繰り返されることは覚えているが、その数と距離があいまい。

「関門は確か高江と最後の登りを過ぎた川上ってところにあって、180km地点に最後の補給所が在るんだっけ。。?」
なんてことを考えてはみるものの、結局現在位置と距離がわからないので、どうにもこうにも踏ん張るしかないF F
ここまで補給はうまくいっていたらしくハンガーノックや脱水の症状はないので、あとは脚がもちこたえてくれるかどうか!

最初の高江の登りをクリアし、下り区間に入るが、ここの下りは登り返しが何回か入るので、その度にスカスカの脚がやられて失速。
だんだん攣るのを通り越して脚が痺れてきている気がする。。。

いくつかのアップダウン区間を過ぎたやや長めの登坂区間でふと振り返ると、後ろから大きな集団が接近。
その中には1回目の普久川ダムでパスしたnisi_kazuさんも入っている!
(あとで聞くと、序盤からペースをキープしていた最大規模トレインだったとか)

ここで自分が相当垂れていることはわかったけど、登りでは攣ってる脚に負担がかかりすぎて集団に乗ることができず。
見送り、ギリギリの自分のペースを刻む。

また一人旅。。

するとポツリポツリと雨が降り始め、すぐに土砂降りのスコールに変わり、前方の視界も曇るくらいの大雨。。
幸い気温が高いおかげか下りで寒気を感じることはなかったけど、道は一気にびしゃびしゃ状態に。
慶佐次の補給ポイントでボトルをもらったけど、ぜんぜん飲む気にはならない。(モテギで雨水natural補給することは経験済み)

雨は降り止まず、しばらくして、4名程度の集団が後ろから接近。

この時なんとなく“これが完走への最終列車かもしれない”という気がして、全力を振り絞って集団最後尾に乗車。

幸い雨のおかげか集団のペースはなんとか攣った脚でもついていける。
一人長めに引いてくれる選手がいたけど、自分も短いながらローテーションに入り、雨の中数名で回す。
このときのローテーションは声かけもないのに不思議とスムーズに回る。
登りもバラケながらも同じくらいのペースで登り、ふたたび集団走行。

気がつけば雨も上がり、集団もちょっと増えている。
このあたりで、脚が残っている人がペースを作ってくれるようになり、幸か不幸かややペースアップ。
BHMCな方は結構余裕そうで、すぐ後ろを2番手で走っていても気を抜くと今の自分では付き切れしてしまいそうなくらいT T
自分が先頭に出た途端、また攣りそう状態になりながら踏ん張ってから先頭交代して後ろに戻ると、
「無理しなくても大丈夫ですよ~」
と声かけてもらってしまった。
やっぱ攣ってるのバレテマス?T T

とはいえ、集団の中で平地ならなんとか持ちこたえられる。

正確な距離はさだかではないけど、雰囲気的に最後に近い登りに差し掛かり、ここで脚の差が出て集団は分解。
自分はもちろん分解された方。。
へーこらへーこら登り、トンネルを抜けると、応援の人がいて、
「あと200m!最後の登り!」と教えてくれる!

この声援に元気をもらってなんとか登り切り、交差点を右折。

すると、

うわぉ。登りあるじゃん!嘘つき!!!!!!!!

と、激しく心の中で叫びながら、また登るt t
(隣を走ってた人は「嘘ばっかし~」って声に出ちゃてたけど^ ^)

2回のアップダウンをこなし、単独走で下りを飛ばすと、「川上」の文字が目に入る。

通り過ぎると、

「最終関門通過~」
との係員の方の声が耳に入る。

「おぉ、これで完走確定?」
と、おぼろげに頭の中で意識するが、残り距離も何もわからず実感ゼロ。

だけど、どこかで
「もう登りはないよー」って聞いた気がするので、おそらく10kmもないはず。

10km。

普段だったらウォーミングアップにもならない距離だけど、200km走り、脚全体が攣ってる状態では果てしなく感じる。

徐々に民家が増えてきて、名護市の市街地に近づいているのはわかる。

よくわからんが、脚を動かす。動かす。動かす。

一人ナルシマの選手がパスしていく。

後ろを振り返って、一緒に行くかどうか観てくれているけど、どうみてもあちらは脚が残っている。
少し後ろにつかせてもらったけど、前には出れない。
なんとなくここで付き位置になることは、イケナイ気がしたので、少し並走して、ふたたび単独に。
(今思うとこの妙な意地はなんだったんだろう??)

しばらく走ると、残り5kmの看板が。

やっとあと5km。
初めて、ゴールが見えた気がした。

なんだろう。

一人で走っていて、ちょっと涙が出そうになった。

おいおい、まだ走ってる途中だぞ。

でも、なんか、いままで踏ん張ってたのが溢れそうになる。

あと4km。

「このまま涙出ちゃったら、やだな。」
と思って、外していたサングラスをかけなおす。

あと3km。
ちょっと涙が出たかもしれないけど、すぐに乾いたかな。

あと2km。

市街地に入り、少し気持ちも落ち着く。

あと1km。
あぁ、そういや朝スタートした時に走った場所だ。
コーナーを左折して、ちょっと道幅の狭くなったマチナカ。
地元の人たちが声援を送ってくれる。

残り500m。
周りには誰も選手はいない。
自分だけ。

前の方から聞き慣れた家族の声が聞こえて、なぜかこの時は余裕のVサイン。

そして、ゴールラインが目に入る。

どうしようどうしよう、とちょっと考えてはみたけど、自然と小さくガッツポーズをしてのゴール!
101114-goal.jpg

あとでタイムを見ると、ほんっと制限時間ギリギリのゴール!

だけど、無事完走して目標達成!

一度も諦めることなく走りきれたレースでした。

一緒に走った選手の皆さん、沿道で応援してくれた皆さん、大会を運営してくださっていた皆さん、遠くから声援を下さっていた皆さん、そして応援してくれていた家族。
ありがとうございました!やったぜぃ!


*******************************
このあと、アドレナリンが抜けたせいか、風邪引いたように1,2時間ほど脱力。
だけど、しばらくして復活したV
関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

22:15  |  レース  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

●やったね!

完走おめでとうございます!
自分もいつかは参加したい夢のレースです。
ヨシハラ | 2010.11.18(木) 22:39 | URL | コメント編集

●ぜひとも!

ヨシハラさん、ありがとうございます!

なんとなくは感じてはいましたが、実際に参加してみて、ツールド沖縄はやはり別物でした。
レースの雰囲気としてはジャパンカップに近いものがありましたが、周回ではなく全コース公道の一本道は、すべてのポイントにドラマがある感じです。
沖縄に魅せられる選手が多いのも十二分に納得です。
ヨシハラさんも来年は是非!!!
シオテツ@ペンギンライダー | 2010.11.18(木) 23:38 | URL | コメント編集

●おめでとう!

完走おめでとう!(でいいよね!)
レースレポートも臨場感たっぷりで楽しく読ませてもらいました。
ゴール直前でのe-445・・・わかります・・・僕も似た経験がありますから!
また、落ち着いたら一緒走りましょう。






クロ | 2010.11.18(木) 23:44 | URL | コメント編集

●お疲れさん!

完走おめでとう!
もっともっと忘年会で?話を聞かせてください。
自分もいつかは出たいレースです、210km。
ヨシダ@R800 | 2010.11.19(金) 00:32 | URL | コメント編集

お疲れさまでした、完走おめでとうございます。

オイラもいつかは走ってみたいです。
173 | 2010.11.19(金) 09:22 | URL | コメント編集

●激闘でしたね~!

大作レポ、とても面白かったです!
やっぱり沖縄の雰囲気は特別なんですね。
なかなか思い切れませんが、いつか行ってみたいレースです。
hagi | 2010.11.19(金) 18:56 | URL | コメント編集

●来年は皆さん参加で?!

みなさん、ありがとうございます!

>クロさん
直前に頂いた励ましの言葉をずーっと守り切ることができました!
ゴール直前での・・、も、きっと、そのご加護の結果かな、と^ ^
また次の目標を立てて、ボチボチやっていきますのでよろしくお願いします~。

>ヨシダさん
いや~、ほんっと話したいことたくさんありますよ!
沖縄に嵌る理由、行ってみてはっきりしました。
今年はTCB山トレ出席率低くてすんませんでしたが、忘年会?!
もしあれば是非教えてください!

>173さん
レポではヤバイくらいヘロヘロになってますが、意外と翌日は通常のレース後くらいでした。
いざエントリーするのは僕も躊躇いもありましたけど、意外と新潟あたりに行くのと変わらないかも?しれません。
沖縄、行って後悔しやせんこと受け合いです!

>hagiさん
駄長文にお付き合いくださり、ありがとうございました!
長距離の公道レースっていうのは、ほんと独特だと思います。
ヒルクライムとはまた違った、ツラ気持ちよさがあって、ほんとおススメしますよ~
シオテツ@ペンギンライダー | 2010.11.20(土) 21:26 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。