09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.10/12(Tue)

2010/10/9・富士チャレンジ200

人生初のDNFでした。

***********************:::
起床時体重66.6kg。
4時間睡眠で朝3:30に起床して、4時出発。
今回はレース後に山梨の親戚のうちに立ち寄る予定を入れて家族同伴。

この時点での天気予報では10時頃から雨が降り始める、となっていたけど、首都高通過時にすでに雨がポツリポツリ降り始めるT T
すぐにパラパラからざぁざぁへ。

「まあ沖縄も晴れとは限らんから雨のレースを5時間以上走る経験しておくのも悪くないかな」
とこの時はノー天気に考えてました。

6:30に会場に到着したころにはすでに本降り(→結局一度も雨は止まず)。
着替えて自転車の準備をし、エントリーを済ませて、一周だけ試走。

下りのブレーキングの感触と登りのギアをチェック。
ブレーキは効き始めるまでに1,2秒くらいかかるので前との車間を気をつけねば。
登りはアウターオンリーで回しきれそうだけど体重が重い分ギア一枚分弱い。
まあこのへんは想定の範囲内なので、オッケーオッケー。
レース前にもつぶやいたけど、ワイヤー周りの交換&調整を5日前にSBTMにてやってもらって、チェーン&タイヤ交換もしておいたおかげでバイクの調子はすこぶる快調!

試走時は夏用ウェア(半袖-半パンビブ)に防水加工のない薄手のウィンドブレーカーというスタイルだったけど、ウィンドブレーカーが身体にまとわりついて走りづらいし、ポケットから補給食が取りづらい!
試走した感じではちょっと肌寒いけど、身体の周りにナチュラルセルフウェア(=脂肪&むくみ)を身にまとってるから\ \) 走り出せば身体が温まるかなぁ、と。

いまから思うと、このへんの感覚がすでにミスってたんですよね。。

で結局レースは半袖半パンで走る事に。
補給食は、750mLボトル×3(グリコCCDのみ2本と+PowerGelを1本)と羊羹2個、ヴェスパ×2、ウィダ―エナジー×1、フラスコにメイタンCC3本分。

101009-fuji200before.jpg
まだこの先起こることも知らず暢気に元気な自分。顔めちゃくちゃ丸い◎◎◎^^

準備しているうちにいつの間にかスタート地点の整列が始まっててあわててコースに入るもスタート地点から1/4くらいのポジション。
この時点で周りを見渡して、半袖姿が自分だけなのに気がつき、
「まずったかなぁ。。。」
という考えが頭をよぎるも、そっからレーススタート~


スタートは1周回のローリングスタート方式なので、その間に少しでも前にでようと試みるも、混み混みで出るに出られず1周が終了し、ペースアップ。
まだギリギリ先頭位置は見えるので先頭集団に合流すべく、下りも前のラインがあけばしっかり踏んでいく。
富士はコーナーが広くRもきつくないのでスピードに乗れれば雨でもコーナリングは比較的楽だけど、ライダーの速度がまちまちなので、頻繁に前が詰まってなかなか前の集団に合流できない。

5周目になんとか先頭集団っぽいのの最後尾に合流。
100名くらいはいたかな。

なんとか追いついてほっと一安心。
ちょっと休憩、と思っていたらちょうど1Lapした大きな集団と混ざった状態で登り区間に突入。
バイク先導のある集団前方は一定ペースで登って行くけど、集団後方は渋滞気味になり、登りきったころには集団前方と大きな差があいてしまい、ここでTHE END。

一定ペース走に切り替え。
「第2集団でまとまらないかなぁ」
と思ってペースが合いそうな人を探しながら走るけど、なかなか集団にはならず。

そんなこんなで単独でしばらく走っていたら、だんだん、、、身体が冷えてくる。。。
鳥肌、とかを通り越していきなり顎がガクガクしだす。
ホームストレート後の下りでスピードに乗ると、身体の内側に冷却水が流れているような感覚。
「おぉ、こりゃまずい。中から温めなければ!」
と思って、羊羹を食べてみるも、お腹がちょっと温まっただけであんまり効果なし。
調子に乗って2個食べてみたけど、やっぱり効果なし。

11周回ほど走ったあたりから、ペースが少し落ちてくる。
けどそれ以上に心拍の下がり方がヤバい。
ホームストレートの後の下りを下りきった時にちらりと心拍見たら120bpm台。

あ、ありえん。。

ボチボチペースで登っても140bpm台にしか上がらなくなってくる。。
んな?呼吸は155bpmくらいなんだけど??

ほどなくして、水分を身体から放出したくなる衝動にも駆られ、ますます心拍が下がってきて、顎はガクガク。
血の気が引いてるのが自分でもわかりだす。

これはやばいと思い、13周目でピットイン。
そしたら嫁さんと娘が雨の中ピットエリアまで来てくれていて、ウィンドブレーカを持ってきてくれていたので、早速着用。
雨の中、本当に感謝。
(あとで聞いたところによると序盤からいて応援してくれていたらしいけど、こちらの余裕がなくって気がつかなかった)

そして、再スタート。

だけども、時すでに遅くウィンブレを着ても身体の冷えは変わらず、追加で2周したところでDNF。

しばらく震えが止まらず頭痛までし始める始末でしたが、死なない程度だったので、これも貴重な経験になりました。

早速レース用のレインウェアを買いに行こう。

DNF@15Lap, 1h58min20sec, 67km, 148bpm, 91rpm
関連記事
11:47  |  レース  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

●残り3戦・・やらないとね!

そういう経過だったんですね。
コース上で会った後、見かけなかったので何かあったのかなと心配してました。リザルト見てもDNFだったので・・どうしたのかな・・と。
元気でトレーニングしてるので安心しました。
確か残り3戦でしたね。
短期間での集中トレーニングがいい方向に行けばいいけど。
体調管理はしっかりとね。
また、一緒にトレーニングしましょう。

クロ | 2010.10.13(水) 23:44 | URL | コメント編集

●ホップステップジャンプ!

気にかけてくださっていたのに、ご挨拶ができずすみませんでした。

コメントありがとうございます!
ここからのレース2戦(JCRC群馬102km&もてぎ180km)を含む3週間(直前1週間は調整期間)が最後のトレーニング期間なので、やり残しのないように追い詰めていきます。
本来なら9ヶ月くらいかけて猛者達がやっているところを3ヶ月に無理やり短縮したスケジュールなので無理は承知ですが、しっかりとスタート地点に立つ準備をしたいと思います!
シオテツ@ペンギンライダー | 2010.10.14(木) 21:29 | URL | コメント編集

その調子v-218
ホップ(JCRC群馬)・ステップ(もてぎ)そして・・・ジャンプ(沖縄)・・・タイミングはピッタリですねi-28
クロ | 2010.10.14(木) 23:03 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。