04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.01/31(Sat)

2009年1月のまとめ

ざっとログを見る限りだと、今月の走行距離の半分以上はローラー台でした。
ローラー台と実走の速度表示の感覚的な差はほとんどない感じ(当社比@minoura:VFS-g負荷最大)なので、ローラー台トレーニングの距離を含めると、(というか、含めないと悲惨な距離に・・・)だいたい900kmくらいでした。
やっぱし週末外に乗りに行ってないとぜんぜん距離が稼げません。。。

距離という数値的な意味もだけど、L2,L3のベースがなくなっている実感が日に日に強まっている。
高ケイデンス走や緩めの巡航速度(33km/hくらい)がL3で処理しきれず、全部L4に丸投げされて感じだ。
以前、SBTMのアドバイザリースタッフのF下さんにプロのトレーニングについて教えてもらったとき、
「全トレーニングのうち、8-9割はL2,L3ペースで走っている」
ということを言っていた。
ローラー台だと、どうしても短時間で負荷をかけて時間当たりのパフォーマンスを稼ごうとするトレーニングになってしまいがちで、この割合を維持するのは難しい。

ここしばらくL3-L4のローラー台メニューが中心で、それなりにそのトレーニングレンジの出力は回復してきている気はするけど、L2,L3は当社比でも低いレベルのままだ。。
各運動強度でのトレーニングは、互いに補完する事はできないってことなのかな。
L4,L5だけでもだめだし、L2、L3で距離を乗るだけでもだめだと。
って、"TRAINING and RACING with a POWER METER"にもずばり書いてありましたね。

というわけで、2月は、(いまさらながら)基本に立ち返って、L2、L3強化月間。
具体的には、極力外に乗りに行く回数と時間を確保して、距離を稼ぐ意識でトレーニングする。
ローラー台メニューは、レース強度に対する感覚を維持する程度に取り組む。
そして、パワーメーターを有効活用すべく、月間のトレーニングの強度分布をちゃんと把握してトレーニングする。

これでいこう!
関連記事
23:06  |  目標・月間記録  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。