06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.12/03(Wed)

08/12/3・続・スプリント練

今朝もまだほんのり喉に違和感があったが、嫁さんの風邪はだいぶ楽になったよう。
我が家から風邪を追い出すには今日がチャンス日だ。

夜は研究室の集まりがあるので、夕方にローラー練。
20secのスプリントを5分毎に繰り返す。
081203-log.jpg

*****[SPav.]**[SPmax]**[CADav.]****
Lap1: 58.8km/h, 64.9km/h, 113rpm
Lap2: 58.7km/h, 64.5km/h, 113rpm
Lap3: 55.0km/h, 64.3km/h, 111rpm
Lap4: 54.5km/h, 63.5km/h, 109rpm
Lap5: 56.6km/h, 62.1km/h, 108rpm
Lap6: 56.3km/h, 62.6km/h, 107rpm
Lap7: 55.6km/h, 60.1km/h, 105rpm

いずれも、開始5秒前からギアチェンジをしてアウタートップ(50*12T)に入れ、ドロップ部分をもってシッティング(とはいっても、腰は浮いてしまうけど・・・)でフルもがき。
ちなみに心拍に関しては、いずれの回に関しても20secのスプリント中ではなく、レスト時に最大心拍をたたき出しているので、データとしては考慮せず。
『TRAINING and RACING with a POWER METER』でも指摘されている通り、L6を超えてくると心拍は指標にならないようだ。
パワーメーター・・・むふふ。


それはさておき、

1回目は、気負い過ぎたのか、息をしていなかったらしく、スプリントし終わった後に危うく立ちくらんで落車するところだった。危ない危ない。
2回目以降は、スプリント前に息を吐ききって、スプリント中に(やや控えめに?)叫びながら、全開走行。
それでも6回目のレストあたりから頭がぼーっとしてきて、あくびが止まらなくなり、やや吐き気が・・・
頑張って7回目にトライしてみたけど、明らかに垂れてしまったので終了。

いままで本腰を入れてスプリント練をやったことはなかったけど、3minインターバルとも、20min走とも全く違う。レストの時と終わった時がつらい。
呼吸の仕方がへたくそなのかな???

あと、スプリント時、バイクの「よれ」でクイック固定部分?がキシむのに加えて、

ローラー台が、動く。。。

たぶん、左右の踏み込みのアンバランスによるものだと思うけど、ゴムのついた青い脚の部分がたまに浮いてしまいます。

せめて左右対称には踏めるようにしなきゃだ。


62.7kg
関連記事
17:36  |  トレーニング  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。