06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.11/17(Mon)

08/11/16・2008龍勢ヒルクライム

【レース前】

晩御飯にもつ鍋withにんにくスライス&赤唐辛子を食べたせいか、前日の夜はなかなか寝付けず、2.5時間睡眠で3時半に起床。
食パンとオレンジジュース、おにぎり、バナナを食べて4時に出発。
四葉さんをピックアップして、関越で会場に向かう途中から雨が。。。
はなから雨の中でのレースとなることは覚悟はしていたけど、この時期の雨でテンションはさすがに上がらない。

スタート地点&受付会場には、7時頃に到着したけど、会場そばの駐車場はすでにいっぱいだったので、受付だけ済まして、近くの神社の駐車スペースに移動。
相変わらず雨は降り続いていて、だらだらと自転車やウォーミングアップの準備をしながらも四葉さんと車中でうだうだと時間をつぶす。
レース2.5時間前にウィダーとヨモギこしあん、ヴァームを食べて最後のガソリン補給。

雨の中公衆トイレの軒下でローラー台をセットして、20minほどウォーミングアップ。
081116-ro-ra.jpg
途中5minほどCAD120-130で心拍170まであげただけだったけど、結果的にはスタート時の脚の感覚はいままでで一番良かったきがする。

ウォーミングアップをしているうちに、周りにいた人たちがいつの間にかいなくなっていて、慌ててスタート地点に向かう。
気がつけば雨はほとんど止んでいた。
結局、この後雨はほとんど気にならない程度しか降らなかった。
そっか、忘れていた。
自分は晴れ男だった^ ^

レッグウォーマーは外して、半そでジャージ+アームウォーマーで出陣!
スタート地点に向かうとすでにずらぁ~っと人が並んでいた。
ちなみに自分の参加した男子Aグループは150人近くのエントリー。
かなり後方からのスタートになってしまった・・・けど、スタート直前の整列でちょっとだけ前方に移動。(ほんとちょっとだけw)


【レース】
いよいよレース開始!
雨のせいもあってか、最初は先導バイクがペーサーになってのパレード走行。
この間に、前方集団に近づいていって、30番目位に落ち着いたあたりで、ペーサー解除。
とはいっても、最初の数kmは緩斜面の2車線道路なので、特に競り合うこともなく、集団のままでしばらく走る。
徐々に道幅が狭くなって斜度が上がってくると「ヒルクライム?」な感じで徐々に薄れてきて、集団密度が薄くなってくる。

そして7km付近の鳥居のある角を右折したところで、いきなり10%オーバーの登坂!
「聞いてないよォ~」
と思いつつ、いっぱいいっぱいにならない程度にダンシングでクリア~。
落ち着いたところであたりを見回すと、集団はなくなってヒルクライムっぽい雰囲気に戻っている。
周りの景色や道の感じもなんだか不動峠っぽいので、なんとなく気分が落ち着く(ただしHRは170オーバー)。

ここからは、TTモード。
今回のレースの自分の課題は、
「垂れずに登り切る」
順位はもちろん気にならなくはないけど、
「乗鞍みたいな垂れ方はもう絶対したくない」
それだけ。

ヒルクライムが始まってしばらくして、前方集団から四葉さんが下りてくる。
「ただいま」
「おかえり」
と声をかけあいつつ、ペースキープ。
四葉さんはしばらく後ろに付いたり切れたりしていたらしいけど、またしばらくすると、ペースアップ(自分のペースが落ちた?)して前に行ってしまった。
他にも何人か同クラスの選手に抜かれてしまったけど、自分のペースを維持。

中盤以降も思ったよりも斜度がゆるくて、ところどころに平坦や短い下りもあったりする。
強度を落とさず、ペースを崩さないように、と思ってちらりとEdge705に目をやると、表示は
「HR166, CAD80」
そこから表示が変わらない。
「また調子が悪いのかこのやろーっ!!!」
ってな気分で、心の中で叫びつつ、Garmin先生に一瞥をくれて、とにかくペースを維持することに集中。
「そういえば、コースは全長14kmだっけ?16kmだっけ?」
と、残り距離も走った距離もよくわからない状態w

それでもとにかく走っているとだんだん登りのペダリング感覚が掴めてきた感触がする。
そうこうしているうちに、下りセクションに差し掛かる。
落ち葉もたくさん落ちていたので、とにかく落車しないよう慎重に下る。
登り返して、しばらくすると、残り2kmの看板を発見!

やっとペース目標が見つかり、
「ここからラストスパート!」と踏ん張ろうとするが、500mほど頑張ったあたりから、脚が重たくなって思うようにペースアップできず、そのままゴール。

記録は47分23秒のクラス29位。
081116-after.jpg


ゴール後Edge705のログを確認してみたところ、ちゃんと記録されていた。
どうやら、レース中にカーソルボタンを触ってしまったらしく、平均心拍や平均ケイデンスなどの「ラップ平均」が表示される画面になっていたっぽい。
それに気がつかないくらい集中できていたというべきか、気がつく余裕のない走りだったというべきか。
とりあえず、今回はTTだったってことだったので、前者にしておこう。

081116-龍勢HC-log

Dis.16.38km, SPav.20.7km/h, SPmax.45.4km/h, HRav.167, HRmax.181, CADav.81

前半のパレード走行&集団走行区間は心拍計が湿っていないため?数値が安定していない。
理想的な右肩上がりグラフにはなっていないけど、ヒルクライム区間では垂れまくらずHR170-180の間で走れている。
まだまだ課題はたくさんあるけど、ここ1ヶ月のL4,L5強度の練習成果が出ているっぽいのは嬉しい。

この冬、ベースをちゃんと鍛えて、来年は表彰台争いをできるくらいにレベルアップするぞ!


レースに参加された皆様、お疲れ様でした。
関連記事
21:48  |  レース  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。