10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.09/26(Fri)

08/9/23・乗って登って下って山梨県

今日は四葉さんと山越えロングコースin奥多摩。
朝5時出発で東京をひたすら西に向かうが、久々に5時前に起きてみたら、今の時期、この時間はまだ暗いんですね。日がどんどん短くなってきていることを実感。。
今回はパンクも迷子もなく予定通り四葉さんと田無タワー(別名:西東京タワー)にて合流する。

乗鞍以降あまり乗っていなくて3kgほど重りを追加した、という四葉さんだけど脚はまっさらのようで、スタートから快調なペース。
とはいっても、今日は長丁場なので35km/hくらいまでで抑えながら奥多摩目指して巡航。

都民の森の入口に差し掛かるあたりで一度武蔵五日市でパスした高校生集団(サポートカー付き!部活の練習?)が、追いついてきたので、練習の邪魔をしないように無賃乗車させてもらう。
どういう練習をしていたのかちょっとよくわからなかったけど、だいたい一定のペースで走っていてひとり、また一人と千切れていっていた。
自分(四葉さんも)は京都府の地方の公立高校出身だけど、高校に自転車部があるなんて、なんだかかっこいーなぁ~、と思ってしまうw

高校生集団は登りの途中でレストになったので、お礼を言って自分達は登り続ける。
ペースはHR160前後でHR170は超えないペース。
ペースは遅くとも都民の森に着いた時には腰と脚はそれなりにパンパン。
むしろ、ペースが低い時の方が腰にかかる負荷は高いような気がする。
脚は、相変わらず…

都民の森からは風張峠を抜けて奥多摩に出て、そこから山梨県に向かって柳沢峠を登る。
ここも800mくらいは高低差があり、序盤から終盤にかけて徐々に勾配がきつくなってくるコース。
都民の森と同じくらいのペースで登る。
柳沢峠を登りきった時点で獲得標高は2000mオーバー。

ちなみにこの柳沢峠を越えて山梨県に突入なんだけど、なぜだか峠の頂上ではなくてやや東京寄りのところに県境があった。
ちょっと感動にライムラグw


あとダウンヒル時に気がついたけど、柳沢峠は山梨県側の方がずっと勾配がきつい。
平均8%以上はある登りが延々と続いていて、休めるポイントはほとんどなさそうだった。

そんな急斜面を下り降り【塩山】に到着。
前日までの予定だと、ここから最後に大垂水峠(2000mを一気に登る!)を攻めるはずだったが、この時点ですでに12時を過ぎてしまっている。
大垂水峠を上って下って【塩山駅】から輪行して…ということになると、日没までにはとても帰宅できなそうなので、残念ながら大垂水峠は峠の入口付近まで行っただけで、今日のメインメニューは終了~。

塩山駅の近くのレストランで山梨名物の『ほうとう鍋』を食べつつ、自転車談義で締めとなりました。


・・・塩山駅からは、中央線にて東小金井まで輪行~
1,300円もかかる運賃の高さにびっくりしたり(自分の手持ちが足りなくて特急には乗れず)、電車の時間がギリギリだったため電車の中で自転車を輪行バックにしまったり(不慣れな自分は四苦八苦)、
「こんなことならやっぱり自走だぁ~」
と思ってしまいました…。
どうも輪行って、苦手です。

普通の各駅停車だったこともあり、東小金井に着いてみたら、すでに17時。
結局、日没には間に合わず、渋滞と暗がりの青梅街道~環八をゴリゴリ踏んでの帰宅となりました。

走行距離:200kmちょい、獲得標高2600m


で、せっかくの新ルートでのロングライドなのになんでGarminのログがないかと言うと…

続きは次回のGarmin記事で。。。
関連記事
00:43  |  トレーニング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。