08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.08/24(Sun)

Power Meter for Edge705

今日は朝起きたものの、天気とにらめっこしつつ、前向きにのんびりモードです。


まだEdge705が届いてもいないけど、さらにちょっと調べてみたことの追加。

Edge705と互換性のあるPower Meterのひとつとして、Quarq社のCinQoという製品があるようです。
080824-CinQo_front_Thumb.jpg


SRMと同じようにクランク部からパワーを計測するタイプみたいだけど、価格はセンサー付きのスパイダー部分が1195$。クランクやギアはFSAとかを後付けするようです。
これだと、自分の好きなクランクをアッセンブルできるし、なによりSRMと比べれば、まずまず買えなくもない価格。
(比較対象をSRMとしての話。絶対的にはブルジョア価格w)

Powertapはまだ上市されていないけど、仮に現在のSLと同じ価格帯で発売されたとすれば、価格的には同じくらいかこちらのほうがちょっと安いくらいになりそう。

となると、
判断基準は、【クランクにつけるか】or【リアホイールにつけるか】。
測定性能自体はネット情報から察するに、アマチュアレベルには十分すぎる性能がありそうだし、ネックになるとすれば、耐久性やバッテリー性能、製品の安定性くらいかな。

ちなみに、このQuarq社のCinQoは、自分で電池交換できるっぽいです。

ローラー台で、リアホイールをローラー台用に頻繁に交換することや、後々エアロホイールを購入した場合のことなんかを考えると、クランクの重量や剛性さえはまればクランクにセンサーがつけられていたほうが、断然使い勝手がよさそうだ。

うんうん。。


あぁっ、また【買う方向】にどんどんストーリー(屁理屈)構築が進んでしまっているぅぅぅっ?!

こんな感じで、Edge705も購入に至ったのでした。


>nisi_kazuさん

「一緒に逃げようぜ」なんて言っておきながら、速攻でアタックをかけて一人抜けしてそのままゴ~ル!・・・みたいなことしてごめんなさいw

バッテリーに関して、Edge705は305より3時間保持時間が伸びたみたいよ?
伸びたといっても15時間だけど、
「一日中乗って250kmオーバー走った時でも15時間ならもつかなー」
と思って、バッテリー持続時間に関しては自分の中でO.K認定しました。
大きさは・・・ギリギリ、、セーフ、、かな、、と。。。

パワーメーター市場については、SRMのようなプロ向け機材としての位置づけから、後発企業が低価格・安定品質のものを出す段階になってきたのかな、と思います。特許や技術的な問題と絡んでいるんだろうけど、市場形成プロセスの中盤に差し掛かっているのかと。ただ、トレーニングという用途に限られている限り、市場規模は見込めないから、大幅な価格下落は可能性薄やね。

ShimanoやCampyのクランクに内蔵されたタイプってのはとっても魅力的やけど、どれだけ早くても1年以上はかかりそう?技術的にそんなに難しくはなさそうだから、通信規格がANT+sportsってのに決まっちゃう方向なら意外と早いかも?
関連記事
09:53  |  パーツ・グッズ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。