07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.08/23(Sat)

08/8/23・乗鞍リハーサル練

今朝は4時半に起床。
筑波山に最終調整としてヒルクライム練に向かうべく5時にうちを出発する。

が、なんだかお腹の調子がすぐれず、テンションが異様なくらい上がらない。
自宅を出る前は、
「乗り始めればテンションも上がるだろう」
と思っていたけど、外に出てペダルを踏み始めても気分が全然乗らない。

「だめだ・・・」
と思い、竹ノ塚を離れる前に折り返し5時半(朝)に帰宅。
こんなこと初めてだ。。

そんな状態のまま、(そしてレーパンのまま)午前中はぼーっと過ごす。


このままじゃいけない。。

またずるずるとだらけてしまう。

負ける。。


そんな葛藤を自分の中で繰り返し、繰り返し、夕方からローラー台。
上記のような調子なので、ウォームアップをいつもより長めの20minCAD100,HR135くらいでまわす。

だいぶ気持が落ち着いて、集中できてきたところで、乗鞍本番に向けた1時間TTをスタート!

ギアは50*15, CAD85-90をキープ。
最初の30minはHR160台でなかなかいい調子。

中盤。
心拍がHR170手前に張り付き、集中力が途切れがちになるところ。

「負けるなぁ」「ここが乗鞍で一番きついところだ」「楽な奴なんて誰もいないぞ」etc...
と独り言を叫びながら(嫁さんは外出中のため不在)、集中力を保つ。

なんとかペースを落とさず、残り10min。
このへんで左足のふくらはぎとハムストリングがピクピクし始める。
心拍的にはHR170に張り付いたままだけど、ボトルを取るために脚を下手に動かすと、どっと乳酸を感じるw
集中力うんぬんというより、頭がぼーっとし始める。。

ラスト5min。
ケイデンスを90ちょいにあげてラストスパート。
心拍はHR175くらいに上昇。
ギアをかけるよりは、ケイデンスで心肺に負荷をかけたほうが自分には向いている?

そして、ラスト1min。
ギアをアウタートップ(50*12T)にして、もがき。
ここは何も考えず、というか何も考えられずにとにかく叫びながらペダルを回す。
HRmax179でゴールイン!


ローラー台なのに、思わず
「よっしゃ~っ」
と言ってしまったw

本番1週間前に、まずまず、かな。
とにかく、今日はずるずると負けてしまいそうな自分に克つ事ができてよかった。


おや、そういえば、前回の1時間TTに比べて、ギアを1枚かけてケイデンスも少なくとも5%くらいは上げてたはずなのに、心拍は変わらないか、むしろやや低いくらいだ。
先週末の奥多摩練のおかげかな???


あぁ~、やっぱちゃんとしたトレーニングログが取れるサイコンがほしいぃぃぃぃっ!



*****【本番に向けて】
今日のリハーサルを踏まえて、本番のイメトレとポイント。

①本番では心拍域は今日より5拍くらい上がるはず。1時間を超えた分は本番プレミアムにてカバー?

②ケイデンスを高くキープして心拍がHR170を割り込まないように負荷をかけ続ける。ケイデンスが下がると、→心拍が下がる→運動強度が下がる→なのに脚は疲れる、と悪循環に陥る。とにかくCAD85前後を維持すべく集中あるのみ。

③ダンシングは、脚やお尻を、上半身をリラックスさせる程度に使う。

④(独り言を言ってでもいいから、)息を吐ききる事を忘れない。

⑤ラスト1kmからラストスパートをかけれれば理想的(ケイデンスUPにて)。


とにかく、今の力を出し切るぞ。
関連記事
19:17  |  トレーニング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。