07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.04/06(Sun)

ふくらはぎをどうする?

先日、F川さんにも指摘されたが、自分は相対的に脹脛の筋肉が発達しているだと思う。
膝より上と下の筋肉の大きさの差が小さい。

純然たるロードレーサーの脹脛はかなりほっそりとしている。
膝下の小さい筋肉群よりもハムやデン筋、大腿二頭筋などの大きな筋肉を意識できた方が、最終的に到達できる出力は大きいし、過剰な脹脛の筋肉はクランクを上下動させる際の重りにしかならない。


そして、ここ数日、脹脛が異様に膨らんでいる。
元々、「脹脛に胃袋があるのか?」ってくらいにむくみやすいけど、最近は筋肉自体もやや増えてしまっている気もする。

考えられる原因としては、

①単なるむくみ?
②先週の登山による筋力アップ?
③歩行通勤時(片道歩行時間:ca.40min)の足腰鍛錬のためのバックパック負荷(ノートPCや資料に加え、6Lの重り)による筋トレ効果。
④やや前乗りペダリングになったことにより使用する筋肉の比率が変わった?


上述①のように、単にコンディションによるものならまだしも、④でペダリングやポジションに原因があるとなると、クリートの前後位置やサドル高を修正する必要があるかもしれない。

②の登山は頻繁にはやらないので、もしこれが原因なら時間が解決するはずなので問題ない。

③は、ちょっと悩む。
やりだしてから、体幹の筋力は明らかにUPして、上体がぐっと安定するようにはなってきてる。その副作用的に脹脛に筋肉がついているとなると、、、どうしたものか。。


残り1週間となった八ヶ岳HC前にポジションをいじるのは、ちょっと嫌な感じなので、しばらく寝る前や風呂でのマッサージを念入りにして様子を見てみよう。

それでも駄目なら、④の可能性を考えて、ポジションを微調整していこう。
関連記事
21:48  |  ポジション・考  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。