10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.01/12(Sat)

08/1/11・ペダリングの重要性・再確認

今日は朝寝坊してしまったので、夜ローラー台で100minほど。

ペダリング、特にハムストリングを使った引き足を意識しながら、HR130前後、CAD90-100で。
ローラー台なので実走とは多少負荷の掛かり方が異なるのはやむをえないが、ハムストリングをちゃんと使った引き足を意識するのとしないのとではペダリング感がかなり異なる。

感覚としては、引き足(5-12時までの回転)を意識すると踏み込みが軽くなり、自然とケイデンスが上がる。
もちろんその分、HRも若干上がるけど、筋肉への負荷は明らかに低くなる。
ランスとクリスカーマイケル著の【ミラクルトレーニング】にも、
「引き足を意識しているつもりでも、実際は踏み込み方向(脚を引っ張り上げているつもりでも実際は逆方向)に負荷がかかっている」という実験結果を報告している。
つまり、片方の足が踏み込んでいるとき、逆の脚も踏み込んでいて、実際は負荷になってしまっているということになる。

引き足を意識することで、反対の踏み込んでいる足の負荷は減らせる
イコール
踏み込む大腿筋への負荷をハムストリングに転嫁できる、という言い方もできる。

このペダリングを意識せずともできるようにすれば、一段上のレベルに上がれるはずだ。


関連記事
00:39  |  トレーニング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。