05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.11/11(Sun)

ツールドジャパン第5戦・西湖ステージ

<前日・11/10 Sat>
天気予報通り冴えない天気。
自宅を出発するときや行きの道中では雨が小降りながら降ったり止んだりしていた。
けど会場についてからは、多少路面は濡れているものの雨は止んでいたので、
「今のうちに」
と思って1周だけ試走。
コースはほぼ平坦。
10km周回コースのうち前半が下り基調で後半からやや上り基調。
最後の2kmほどで短い登りを2回登り、ラスト300mほどの直線でゴール、といった感じ。

なんとなくイメトレをしてみようとあれこれ考えてみたけど、何も考えがまとまらず就寝。
明日は天気が回復しますようにzzz


<当日・11/11 Sun>
5:50起床。
起きた時には雨音がしていたけど、朝ごはんを食べ終わってみると、雨が止んでやや空が明るくなってきていた。
なので、早目に宿を出て、ウォーミングアップもかねてオフィシャルの試走に向かう。
結局この後は、ぱらぱらと通り雨はあったもののどんどん天候が回復していって、レースが始まってからはちらほらと晴れ間も出てくる勢いだった。
やはり天下のyahoo天気予報!
100%の降水確率でも、この晴れ男の手にかかれば所詮はこの程度。。
まあ、最悪雨の中レースして、びしょ濡れになって帰る覚悟はしていたのでなにより。

20071111231954.jpg


まあそんな天気だったので、当日の試走ではコース上の転びそうなマンホールや段差の位置を確認。
何箇所かのコーナーで段差付きのマンホールがあったので、そこだけは避けるように、と。
レースの作戦としては、登りでもあまり差は付きそうにないし距離も短いので、終始先頭付近で積極的にローテーションに加わる事。
そして、最後の登りの手前で飛び出し、ゴールスプリント!
まあ、あってないような作戦だけど、とにかく集団内で大人しくしてることのないようにしようってことで、いざ出陣!
(そういやスタートの合図の後にほら貝の音がこだましていた。大河ドラマの影響?)


30minほどローラー台でアップ。(15min:HR150→160→5min:170<→10min:<140)
作戦遂行のため速やかに召集場所に行き、先頭をGET!
まずは作戦の第1段階は成功か?!

20071111232100.jpg


そして、スタート。

1周目は常に10番手以内をキープし、たまに先頭を引いたりしつつ、つつがなく過ぎていく。
先頭付近にいる時はHR170ちょいくらいだけど、レース特有のテンション高のためか、苦しさはほとんど感じない。
2周目中盤まで、ちらほらと前に飛び出す人はいるけど、すべて逃げにはならず。
自分も先頭に出たときにちょっとペースを上げてみたりしたけど、誰も追ってこず。
後ろをちらちらとみるけど、2番手の人との距離が数m空いたっきりで誰も来ない。。
んで、また集団に戻っても最初っからずーっと前のほうにいる面子でローテーション。
誰かのブログにも書いてあった。
「カテゴリーの低いレースでは展開が無い。」と。
まあ、このあたりから単独でぶっちぎれるだけの気合と体力がない自分もふがいないのだけど。。。

そんなこんなしてるうちにいよいよ直角コーナーを曲がりラストの登りに差し掛かる。
一つ目の登りはとくに体勢は変わらず、自分は4番手くらいで登り、飛び出し所を探る。
平坦と軽い下りのコーナーをいくつか過ぎたあたりで、外側から数人が上がってくるのが視界に入るが、自分の前にいたラインのペースは上がりそうにない。
「外側は完全に塞がれてるので、インから上がるしかない!」
と思い、内側に出ると、自分の前にいた背が高いキャノンデールの選手(スタート地点でお隣さんだった人)もインから上がろうと加速し始める!
この選手も終始先頭付近にいて、いい感じで走られてた印象だったので、この人をマークして前線に上がろうとする。

が、

加速し始めた矢先、左カーブを曲がると、コース左側に前のクラスで遅れた選手が現れ、
「あ。。。」

外側に抜け出ることも出来ず、減速を余儀なくされる。
自分の前にいた背の高い選手も思わず、
「ちくしょぉーっ!」
って叫んでた。

結局、前が空いた頃にラストの直線に出るも、そこから加速し始めた時には、外側から捲り上げて行った選手達はすでにかなり前方。
ほとんどスプリントらしいスプリントをすることもなく、そのままゴ~ル。
着順はちゃんとみてないけど、10番前後。

前回のJCRCひたちなかに続いて、へこんだ。


スプリントした結果で負けたのならまだしも、脚を残したままでこういうので負けてしまうのって、きゃなりの不完全燃焼。

ほいでも、負けは負け。
考えるべきは、
「どうすれば次は勝てるか?」

選択肢①:中盤からぶっちぎりで勝てる独走力をつける
選択肢②:ゴール手前での位置取りスキルを高める

ずばり自分としては、①。
②は後から。
来年の春のレースでは、①をやり遂げるべく、これからのオフシーズンで、トレーニングだ!
トレーニングしたらオフになるのか?
それはわからないけど、とにかくやるぞ。
悔しいから。

あ、でも、いちおうちょっと良かったところも考えてみると、今回は終始集団前方でレースが出来たし、そのせいで脚がなくなったりってこともなかったので、そこは前回よりもちょっと成長かも。


西湖で一緒に走った皆さん、関係者の皆さん、お疲れ様でした。
関連記事

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

23:29  |  レース  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。