02月≪ 2012年03月 ≫04月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.03/31(Sat)

2012/3/31・クロ練壮行会(走行会)

20120209-MtTsukuba-blue.jpg
前日は久々に日付が変わる前に寝たので、飲んだとはいえ、5時半頃に目が覚める。
と、同時にクロさんからTEL。今日の集合場所を変更。

天気予報では”午前中は雨は降らなそう”ということしか確認していなかったのだけれど、実は相当風が強くてタフな気象条件らしい。。知らなんだ。

宿を提供してくれた友人と朝のコーヒ&シリアルをいただき、6時45分に出発。
近所のセブンイレブンでクロさんにピックアップしてもらい、PitStopに移動し、そっから壮行会スタート。


すでに相当風が強く、ごぉーーーごぉーーーっと風音が筑波山周辺にこだましているような状態だったので、岩瀬周回のルートを変更して、山の中を中心に回るコースに変更し、まずは不動峠へ。

まあ、登れませんわ~。
34*25Tでもギリギリ回せるくらいで、へろへろ。
だけど、ペースを落として後ろに着いてくれているクロさんがいる以上、、、登るしかないというびみょーなプレッシャ\ \
これだから仲間と走れるという事は幸せだと思う。

不動峠の登りはじめでFORZAさんの集団に遭遇したけど、今日出会ったサイクリストは結局このときのみ。週末の筑波山でサイクリストに会わない、、くらいの天候だったというわけ。


裏不動を降りた後は、湯袋(八郷側)↑ 上曾(真壁)↑フルーツライン→上曾(八郷)↑湯袋(真壁)↑風返峠↑と、ひたすら筑波山を登っておりて、登っておりて。。ある意味つくばでしか堪能できないコース。

上曾の真壁側を登っているあたりから、だんだん脚が重たくなってきて、ケイデンスが全然上がらず。

”こんなに重くなってんのかぁ、俺の身体わぁ”

と、思っていたら、フロントがアウターのままだったt t
そんなことにも気がつかないほどだったのだけれど、なんとかクロさんの優し厳しいケアのおかげで、DNFにならずに無事PitStopに帰着。

走行距離73km, 獲得標高1700m


筑波山からの展望が砂埃で黄色く霞んでしまってるくらいの激しい強風だったけれど、それはそれでまた良い筑波ライドの記憶となりました!ありがとうございました!


p.s.このブログを書いていて、ふと久しぶりに体重計に乗ってみたら、、、71kgOver...
関連記事
スポンサーサイト
23:45  |  トレーニング  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
2012.03/31(Sat)

2012/3/30・東京→つくば

20120330-yellowyellow.jpg
翌日のクロさんとの走行会(壮行会)のために、つくばに自走。


4月以降はなかなかこういったお気楽な形で乗る事はしばらくできないだろうし、どれくらい週末があるのかさえもunknownなので、

”この週末にこそはつくばライドを走り納め(仮)しておきたい!”

とは思っていたものの、すでにアパートは引き払い、クルマを売っぱらった後に借りていた代車も返却してしまった後なので、さてどうしたものか、、、と考えていたら、同じアパートの友人が

”よかったら金曜の夜はうちに泊まっても良いよ”

とナイス提案をしてくれたので、即答でお願い。

そじゃなきゃ、東京→つくば自走&クロ練&つくば→東京自走、という、まあ、今の自分の状態では相当難儀しそうなメニューになってました。感謝。


14時30分に江東区を出発し、50号を東進して江戸川河川敷を北上。
先日の国道6号正面突破に少し懲りたので、今日は河川敷乗り継ぎルートで。
ちと乗りながらコンデジで写真を撮ったりしながら、追い風に乗ってサイクリング。

うむぅ、乗るのに夢中になるとカメラが邪魔だし、良い被写体を見つけると、降りてしっかり撮りたくなる。
どちらも自分にとっては大事なライフワーク。
だけど、自分の性格上、同時にやる事は成り立たないのかも、、とおもふ。

利根運河を経由して、利根川を下り、新利根橋を渡って守谷を抜けてつくばへ。
終始追い風だったので、先日ほどは脚を使わずに行けて、ほっと一安心。
17時30分頃につくばに到着。
走行距離は75kmと国道6号を使った時よりも15kmほど長いけれど、実所要時間はどちらも約3時間と変わらなかった。


夜は、友人の子供と遊んだり、タコスを振舞ってもらたりしながら、友人とカメラ談義。
ビールを4本ほど飲んだかな~。
明日があるので、23時頃にお開きして、就寝。
関連記事
23:16  |  トレーニング  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.03/29(Thu)

2012/3/29・つくば→東京

引っ越し関係にて最後のつくば用事、、、にカコツケて久々にorcaと遊ぶ。

1ヶ月近く借りていた代車を返却しにつくばに向かう時に、荷台にorcaも乗っけて行きそのまま自走で帰ってくる作戦。
つくばのクルマやさんからは、バスに乗ってつくば駅に行き、そこからつくエックスで北千住に出て、さらに2本のメトロを乗り継ぐというアクセスの悪さなので、それならドアtoドアで自転車と変わらんでしょ、と。

ルートは、ドストレートに荒川沖から国道6号をひたすら南下。
いやいや、この時期の平日の混み具合をなめてた感が満載。
信号もしょっちゅう引っかかるし、なんだか通り過ぎるクルマの運転もゆとりがない雰囲気がプンプンあって、少々後悔。
だけど、1時間ほど経つと身体も少しだけ思い出してきて、そんな混み混みの幹線道路でも楽しくなってきた。

走行距離は59.7km。
確か以前走った河川敷メインのコースだと走行距離は75kmほどだったけど、結局トータルでの所要時間は変わらない感じだった。
信号でのタイムロスは感覚以上に大きいんだなぁ。

自宅@江東区に着いた時には、脚にきてた。
信号ストップ&ゴーと橋梁毎のアップダウンが今の自分には十分お腹いっぱい。

いやー、久々の自転車、メンタル的にもフィジカル的にもすっきり!

20120309-blueblue.jpg
3/31(Sat)にクロさんがつくばで壮行会(走行会)を企画してくれました!
7:30に桜運動公園出発で不動峠~岩瀬周回の予定です。
天気予報では午前中はなんとか雨は降らなそうなので、途中下車参加ありで、よろしければ是非ごいっしょください~。
関連記事
22:24  |  トレーニング  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2012.03/15(Thu)

【参加者募集】ポートレート撮影 (One Family, One Person, One Item)

20120315-FamilyPortrait.jpg

ひとつの家族であると同時に、それぞれが大切なものを持っている。
ひとりひとりが自分の興味ある事に向かって今を生きながらも、ひとつの絆によって結びつく関係。
時間と共に移ろいゆくひとつの家族のかたちと、そのメンバーそれぞれの今その瞬間の姿を撮ります。


引っ越し後で空いたつくば市内のアパートの一室にて、上記のようなポートレート撮影を行う予定です。
ついてはモデルとしてご参加いただけるご家族、ご夫婦、ご親友、カップルを募集します~!!
日程は3/24(土)~3/26(月)、時間はご参加頂ける方毎に調整します。

現時点での詳細は下記の通りです。
ご協力、ご参加いただける方は下記詳細に目を通していただき、左カラムのメールフォームからご連絡いただくか、ペンギンライダー個人にお問い合わせください~。
撮影モデルとは言っても、同伴者の方とおしゃべりしていただいている間に撮影しちゃう気軽なものですので、少しでもご興味をもたれたディスプレイの前の皆さん!^ ^ご参加お待ちしております~。


【ポートレート撮影詳細】
■ご家族全員でも夫婦でも、あるいは親友同士でもO.Kですが、二人以上でのご参加が条件です。服装はお気に入りの普段着で。(普段着がスーツだったりレースジャージだったら、もちろんそれもアリです^ ^)

■各人に一つずつ、今の自分の大切なアイテムを一つ持ってきてもらい、そのアイテムと共に撮影します。撮影は一人ずつ、一人当たり10-15分程度です。アイテムは、、自転車でも可ですが^ ^、構成上一部分がはみ出してしまいますので、1m前後までのモノがベターです。

■撮影後、セレクトしていただいた写真について仕上げ処理をし、後日撮影データ(集合写真および一人ずつの写真、jpg形式)をお渡しします。ご希望があればプリントや額装も対応いたしますが、その場合は写真専用プリンターでの印刷とご希望サイズの額縁およびマットを準備いたしますので、それらにかかる最低限の費用分はご負担いただきます。

■撮影した写真の著作権は撮影者にありますが、モデルリリース(肖像権)はモデルさん自身にあります。ですので、撮影したデータを撮影者(ペンギンライダー)が無断で販売用途に使用したり、営利目的の媒体に使用する事はできませんし、ありません。プロモーション活動の中でシリーズの一部としてWeb上などで発表する場合も、必ず事前に承諾をいただいた上で行います。

その他、ご不明な点等ありましたら、記事コメントか左カラムにあるメールフォームにてご質問ください。


撮影イメージサンプルがpicasaにありますので、こちらもご覧ください~
→ご興味をお持ちいただいた方にリンクをお伝えします。左カラムにあるメールフォームからご連絡ください。


家族はもちろんですが、ご夫婦や親友同士でもオーケーですので、ちょっと遊びに行くくらいの気楽な感じでご参加いただければ幸いです。
たくさんの方々の撮影ができればありがたいので、周りでご興味ありそうな方にも是非お声がけください~
関連記事
23:46  |  写真撮影  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.03/02(Fri)

2012/3/1・不動峠往復

20120105-Tsukuba-san-sky.jpg

一昨日、ほんのりホコリで薄化粧していたOrcaを磨き、14時過ぎから日暮れ前まで久々に外に連れ出してきました。

なぜなんでしょう?
行き先を考える事もなく、当たり前の様に不動峠へ。

自分が本格的に自転車に乗り始めて、初めてSBTMのサンデーライドに参加した時に、連れてってもらったのが不動峠~フルーツライン~岩瀬~真壁の1周コースでした。
その後何度か続けて参加し、Y原さん、S藤さん、Y田さん、クロさん、そして多くの先輩ライダーに引っ張られて、ひーこら走ったのを覚えています。
あんときは、まだまだ全然経験がなかったけれど、同じように自転車が好きで、かつnotサイクリングな走り方をされている人達と一緒に走れるのがものすごく楽しかったなー。
みなさん断然自分よりも目上の人達ばかりだったけれど、一緒に自転車で走り、自転車の話をしているとそんなちっぽけな分け隔てなんてなくって、お互い親しさと心地よい礼儀の中で接してくださったので、そこでますます自転車にハマっていった気がします。

多分、自分の自転車ライフにとって入り口のようなものが、不動峠にはあるんだろうなぁ。


おぉ、、ちょっと感傷的な文章になってしまいましたが、^ ^,
もちろん!全然!まだまだ!これからの乗り続けますよー。

レースという意味では、一昨年の沖縄210km完走で一区切りつけた感がありましたが、あれは次へのスタート地点に立った感じかな。
仕事的にも家庭的にも経済的にも、、自転車に乗って、トレーニングして、レースに参戦できる”環境”を作る事も含めて自転車に乗る事、レースすることを楽しんでいきたいな!
というのが、そう遠くない未来とその先に続く将来への抱負です。
あー、その頃になると、娘と息子も乗り始めるのかな~どうなるんでしょ?!


p.s.
そうそう、不動峠の峠手前300mほどの日陰部分はまだ雪が残っていました。
週末、朝から登りに行かれる方は凍結にご用心を。
関連記事
21:49  |  トレーニング  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.03/02(Fri)

新しければいいってもんでもない

20111116-tripod.jpg
次に向けた新規プロジェクトを進めつつ、身辺整理を進める今日この頃です、こんばんわ。

ご存知の通り、自転車関連の部品や道具もいくつかAuctionに出したり、知人に引き取ってもらったりしてたんですが、その中のひとつにMinouraのVergoという自転車車載用の固定パーツがありました。
確かSBTMで購入したのは、クルマを買ったと同時の3年ほど前だったんですが、その時ちょうどバージョンチェンジしたのでした。
買いたい旨をマツナガさんに伝えると、
”新しいのは軽くて使いやすいけど、旧型の方が安定してよいですよ”
と薦められ、その通りかな、と思い薦められるがままに購入。

3年経った今、それをYahooAuctionに出したところ、なんと新型の新品と同じ価格で落札されていました。
この手のものはそもそも綺麗さを求める用途品ではないから、中古でも新品でも壊れてなければありだから、というのもあるけれど、なんでもかんでも"安くて軽い"がいいわけじゃない。ということでしょうか。
特にコストダウンを主目的に金属からプラスチックに置き換えられた製品は、、、


実は近頃中判/大判カメラ用のアルミ重量(not軽量)三脚を中古で探しています。
近頃はカーボン製の三脚が主流ですが、カメラを安定させるという目的だけを考えれば軽いよりも重い方がいいわけです。
ごつーーくて、どっしーーりしてて、がんじょーーなやつ。
だけど、同じ事を考えているヒトは多いみたいで、頑丈で機能が保たれてる金属三脚は中古でもなかなか見つかりません。
自転車同様、カーボン三脚でも頑丈な良い製品はたくさんありますが、そいつらはべらぼーに高いです。
振動吸収性とか冬場でも冷たくなりづらいとか、メリットもたくさんあるのは百も承知ですが、モノとして、10年選手として末永く使って行くとしたら、金属製品にはカーボン製品(プラは問題外)にはないの魅力がある気がします。

自転車も含め様々な領域でカーボン製品やプラ製品が台頭している現在って、石器時代から青銅器時代への転換に匹敵する時代ですよね、実は。
古代文明の物質的な転換期にも、”鉄よりも石の方がいい”って言ってた人がたくさんいたんでしょうか。
こんな夢想にふけっていると、10000年経っても人間あんまり変わらんのだなぁ、とついついほくそ笑んでしまいます。


そんな独り言はさておき、さ、仕事、仕事^ ^
関連記事
18:42  |  日記  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。