06月≪ 2011年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.07/31(Sun)

2011/7/31・ぐるり筑波山系

前日、同じアパートで顔見知りになったSさんを自宅に招いてのプチピールパーティー。
19時頃から26時頃までずーっと飲み続けてしゃべり続けていたら、朝起きた時に飲みカラオケ行ったかのように喉が枯れていたt t

午後過ぎ、雨も上がって涼しくなった頃から、バイクでGO~。
今日はひたすらL3以上キープで走り続ける。

小町の里~石岡~フルーツライン~岩瀬~県道41号~

ストップは恋瀬のセイコマートでボトル補給のみ。

フルーツラインの登りでSFRしてみたり、スプリントしてみたり、県道41号で高速巡航してみたり、これからトレーニングする前にいろいろと身体を動かしてみた感じ。

久しぶりにTSSが200を超えた~。

初戦の富士チャレまであと69日、どれだけ走れるレベルにもっていけるか?!


走行距離:96km
関連記事
スポンサーサイト
23:58  |  トレーニング  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.07/30(Sat)

沖縄への招待状

20110730-okinawa-no-invitation.jpg
ツールド沖縄2011の参加案内が届いていました。
ふと昨年を思い出してみると、、、

確かに頑張っただろうし、なんとかかんとか完走もしたのは確か。
だけど、直前の1ヶ月にまともにトレーニングできてなくって、80km地点で脚を吊ってしまったり、後半は我慢大会というか、ロードレース的な走りではなくエンデューロやロングTTのような走りになって、レースの醍醐味はほとんど味わえなかった。

2回目で出るなら、同じ完走目標で出るのは、イケテナイ。

出るなら、出来る限り先頭に近い集団でゴールまでレースをできる状態で参加して、もっと順位を意識した走りをしたい、と思う。

現時点で秋の自分の状態をイメージしても、しっかりやって、前年を少し超えるくらいまでしかイメージが出来ない。なので今年は、出ません。

今年で最後ではないので、まずは、できるところからしっかりやっていこう。
そうすれば、来年のトライアスロンデビューと沖縄再挑戦へとつながる。


という訳で、今年の秋の参加レースとしては、、、

①富士チャレ210kmソロ(エントリー済み)
②JCRC群馬100km
③龍勢ヒルクライム(or JCRC西湖)

を予定してます。

おぉ~、なんだか盛り上がってきた!!!^ ^
関連記事
18:28  |  日記  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2011.07/30(Sat)

2011富士チャレ200にエントリー

20110729-syochu-1.jpg

昨年、人生で初めてのリタイア(not落車)をしたなんとも消化不良なレース。

先日、たまたまエントリーが7/29に始まる事を知った。
これも何かのきっかけだな、と思い、本日夕方頃にサイトを覗いてみるとまだ締切ってはいなかったので、即申し込み&入金をして、エントリーを完了。

今年から”210kmソロ”というカテゴリーが新設されていて、しかも”200kmソロ”のカテゴリーはそのまま。

「ツールド沖縄の距離が伸びたからそれに合わせてる?」
とか思いつつも、どうせ走るなら長い方がいいんじゃない?というアンチョコなノリで、もちろんエントリーは210kmソロです。


昨年は土砂降りの中、半袖ウェアで挑んで途中リタイアt t。
初参加した2007年は日本晴れの中、カラカラに干涸びながら5h24mで完走。

おそらく今年最初の参加レースになるだろうけど、なんとか身体をつくって2007年よりは一歩先に進むのが目標。
そしたら昨年のレースもよい糧にできるだろう。
とにもかくにも、エントリーをして最初の目標レースの設定完了。
初戦に向けて始動します。

**********************
あ、ちなみにトップの娘はえらく生意気な態度ですが、ストライダーに乗り始めてスッコロんでちょっと弱ってる時の写真です。ヘルメットが曲がって、髪が乱れてるのはそのせいです^ ^
関連記事
01:29  |  日記  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2011.07/29(Fri)

”エニイギブンサンデー(Any Given Sunday)”

スポーツをしている人なら、必ず観ておくべき映画だと思います。

”エニイギブンサンデー(any given sunday)”

アメフトの映画ですが、アメフトのルールを知らなくても、チームスポーツをするすべての人が観ておくべき本質がそこにあります。

特に後半のアル・パチーノ演じるコーチのスピーチは必見。


”熱く死ね”

*[以下、日本語訳]************************

”何を話せばいいか、、
あと3分後にプロ生活最大の戦いだ、今日が正念場だ
我々はチームとして、ここで再生せねば崩れる。

一歩一歩ごとのプレーで崩れさる。
我々は今地獄にいる、本当だ。

このまま地獄にいてぶちのめされてくたばるか
頑張って日の光を浴びるかだ。
地獄から這い上がる。
一歩一歩だ。

だが俺の力では出来ない。もう年だ。
お前達若者の顔をみて思うに、俺は中年の犯すあらゆる間違いを犯してきた。
俺は入ってきた金をすべて無駄に使い果たした。
愛してくれる女の皆追い払った。
最近は鏡に映る自分の顔もみたくない。

ヒトは年を取るといろいろと失う。
それが人生ってもんだ。
失い始めて初めてそれに気づく。
それは一歩一歩起こる。

フットボールもだ。

人生もフットボールも犯す過ちは気づかぬほど小さい。
だが半歩遅くても早くても失敗する。
半秒遅くても早くても取り損なう。

その大事な一歩はあらゆる場所にある。

試合の一瞬のチャンスに、、、一分一秒毎にある。
我々はその一歩を戦うのだ。
我々はチーム全員でその一歩一歩に死力を尽くす。
我々はその一歩を這い進む。
その一歩一歩を勝ち進んでいく事が、勝利か敗北かを決めるのだ。

生か死かを決める。

どんな戦いでも喜んで死ねる奴がその一歩を勝ち取れる。
俺にまだ人生があるなら、その一歩のために、
喜んで戦い、死ぬ。

それが生きるってことだ。
目の前にその一歩がある。

俺は強制はしない。

隣の男を見ろ。
その目を見ろ。

一緒にその一歩を進む男がいるはずだ。
チームのために自分を犠牲にする男がいる。
その瞬間が来た時、お互いがそうするからだ。

それがチームだ。

チームの未来がお前らにかかっている。

無駄に生きるな、熱く死ぬんだ。

それがフットボールだ。
そういうことだ。

どうだ?どっちがいい?”

***********************

日本語訳しながら泣けてきた。。
関連記事
00:54  |  日記  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
2011.07/22(Fri)

小泳ぎ

仕事の前に小一時間だけスイム。
頑張りすぎない程度に、身体(特に肩周り)を動かす。
今日は雨も上がって、しかも涼しくって、
「自転車いっとこっかぁ~」
とも思ったのだけれど、仕事優先で。

先週末もスイムに行ったのだけれどその時は夏休みINでベラボーに混んでいて水も濁りまくっていたけど、今日はいつものガラガラのんびりモードに戻っていて一安心。

同じ一時間の運動だと、自転車だとちょっと不完全燃焼な時間だし追い込む気持ちはそんなにないならなおさら。
身体をほぐすという意味ではスイムがちょうどよかったりします。
というのも、まあ先週仕事の前に2時間だけ不動峠往復ライドに出たら、その日の仕事がやけぇ~に疲れた感じになってしまったというトラウマがあったりなかったり。。。

スイムもトライアスロン目指して、トレーニング的にやりだすとまた違ってくるんだろうけど、今年はそのつもりはない、かな。
なので、スイムはしばらくそんな位置づけで続けていきます。

ママチャリで3分の距離にある公営プールに感謝 m(_ _)m
関連記事
00:54  |  トレーニング  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2011.07/15(Fri)

肉!肉!肉!

先日炎天下にバイクに乗って弱ったので、今日は小一時間洞峰公園プールにてのんびりスイム。
身体はほぐれたけど、まだ夏に負けて気味な気がする。。。

そういえばクロさんが最近、朝食に豚肉を食べているという話をブログに書いていたなぁ。
言われてみれば近頃、肉らしい肉を食べていないな、、、というわけでクロさんにインスパイアされ、今日は豚ヒレブロックを食す。
塊が300gあたり\400と安かったので、そいつを買ってきて、そのままどどーんっ!!!と、ごま油で焼いて塩コショーで味付けという、まあ原始的な調理法^ ^だけど途中、中に火が通っていない事が判明したので、一度取り出して切ってから、再調理して完成!
20110714-niku.jpg

こりゃ~ビールに合います!

VIVA肉食系!
関連記事
01:10  |  トレーニング  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2011.07/15(Fri)

CO2は抜けますよ

20110714-air.jpg
そういえば先日ブログに書こうと思っていたネタをすっかり忘れていました。
twitterでもつぶやいたCO2ガスのチューブへの保持力の件。

先週末パンクした時、CO2ボンベを使ってパンク修理をしたんですが、その時パンクの原因を見つけられないままとりあえず帰宅しました。
そして先日、乗ろうと思ったらパンクした前輪だけ空気圧が2気圧くらいまで下がっている。

”やっぱなんか刺さっててスローパンクしたかぁ~”

と、完全にタイヤを外して、チューブも桶に張った水を通して穴をチェックしたのですが、それでも何も見つからず。
???な、やぁ~な感じのまま不動峠往復したのですが結局なんともありませんでした。


そして、帰宅後いろいろと調べてみた結果、、、

【CO2はゴムを透過しやすく数日でチューブから抜けてしまう!】らしいです。
みなさん、ご存知でした???
これまでスローパンクだと思っていたものも、意外とこれだったりするかも。

ちなみにCO2(二酸化炭素)は通常の空気の大部分を構成するN2(窒素ガス)に比べて分子サイズが小さいため、チューブを構成するゴム分子間の隙間を通過しやすいというのが理屈です。
マクロな視点でみるとチューブに隙間なんてあるんかいな、と思ってしまいますが、分子レベルで観ると、ゴムは網目状に繊維状分子が編まれたもの(だからこそ伸び縮みできる!)なので、ガス分子はそのサイズによって程度差こそあれ、圧力差に従って少しずつ通過してしまうわけです。

というわけで、出先でCO2ボンベをつかって空気を入れた場合、数日で抜けてしまうので、帰宅したら通常の空気入れで、CO2に変わって通常の空気を入れ直しておきましょう、というお話でした。

今度から気をつけよ~っと。


*写真は記事の内容とは関係ありません^ ^
関連記事
00:59  |  パーツ・グッズ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。