03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.05/06(Mon)

2013/5/3・つくば8時間耐久レース2013春

今年の1月に1回こっきり乗って以来、いきなりレースです。
PenguinFamily的な仲間に誘われ、チームで参戦。
思えば自転車レースデビューしたのもSBTMにて参戦した筑波サーキットでのつくば8耐。
そしてそこで7年ぶりくらいにばったりnisi_kazu氏に再会したのも、その現場。

なんだか筑波サーキットは色々な意味で節目になる場所な気がします。

kiharaさんにピックアップしてもらい、二人で常磐道経由で会場入り。
テントやらを設営した後、自分がやるのは自転車の整備。
MyOrcaとはいえさすがに1月からほったらかしでは申し訳なくって乗れないので、ディクリーザーでフレームからスプロケまですべて清掃して注油して、、やっとこさ乗れる状態かモーーン!

メンテしている間にレースは仲間と共に進み、自分は4番手でスタート。
ピットアウトと同時にちょい前に集団がいると、ついつい”乗らなきゃ”と追いかけてしまうのだけれども、気持ちとは裏腹に心拍アガルアガル。
40km/h巡航の集団に乗っているだけでバクバクぜいぜいゲホゲホ。
よくよく考えてみると、日常で心拍ここまで上がる機会って、トレーニングしてなきゃまずないですよ、自転車乗りの皆さん?

レースは途中3回チェーン落ちしたIkehata氏の調整もあり、最後までもつれたものの見事クラス1位でした!
20130503-tsukuba2013-8.jpg

やっぱり自転車乗るのは気持ちいいです。
そろそろ定期的に乗れるようにしたいな。


スポンサーサイト
22:17  |  レース  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.10/01(Mon)

2012/9/29・ アンカー 日産スタジアム サイクルパークフェスティバル

20120929-penguinriders.jpg

昨年の富士チャレ以来、1年ぶりのレースに参加してきました。
【2012 アンカー 日産スタジアム サイクルパークフェスティバル】
今回はPenguinRiders的なチーム参加のイベントなので、ゆったりエンジョイするつもりでしたが、、、、
結果的には超激しい&楽しいガチンコレースをする事に。

参加したのは3h+2hのチームエンデューロ@男女車種混成・チーム キングの部。
コースはテクニカルなコーナーが随所にある周回約3.3kmの日産スタジアム+公園コース。
スタジアムへと駆け上がる坂と下る坂以外はほぼ平坦。


午前中の3hエンデューロでは5周回を担当。
途中いい感じにペースの合うTOYOな宣選手とランデブーしてペースを刻む。
残念ながらGarmin先生のスタートボタンをポチリ忘れていてLogはなし。
まあ、これでも結構強度はあって満足してしまい、昼休みは少々グロッキー。
カメラ機材も持ち込んでいてムービー撮影するつもりだったけれど、前日の寝不足もあってヘロヘロ。

午前中の時点でチームの順位は一位!だったけれど、2位のチームもなかなか手強い選手が混じっていて気は抜けないところ。


午後の2時間の部。
自分はスターターを任され、スタート地点へ。
後ろをひょいっと振り返ると、、おぉ2位のチームジャージの人じゃないですか。
しかもレーパンはO-vestなオーラ全開レーシー。

20120929-start.jpg
PHOTO by Roosterさん

最初は、”まあイベントだしね〜”なんて勝手に思っていたけれど、スタートからガンガン前に出て行き、タイム差を取り戻す気満々な感じ。そうなるとこちらとしては、ぴったりと付いていってタイム差を付けない事が至上命題な訳で、、、おぉこれってすげーレース終盤のガチンコ展開^ ^><

1周目からがっつんがっつんアタックをかけられ、その度に必死こいて付いていくハードな展開。
20120929-log.jpg
こんなインターバル聞いてません><

3周回までこんな感じのゲロゲロインターバル。
4周回目に入りさすがにちょっと一息ついた感じになる。かといって、先行している自分が積極的に前を引く理由はないので、先頭に出て様子観ながらペースダウンしていると、雰囲気を察したレーサー系の選手が、”自分が前に出ますよ?”とペースアップ。うぉ、ありがた迷惑><。
それを機に2位チームのLossoなI選手からまたもやアタックがかかり、再び必死こいて喰らい付いていく。
ぜっってーイベント系の展開じゃない、これ。。。

なんとか離されずにキープしたままで、チームメートにバトンタッチ。

そこからしばしチームタイムの差を観ながらの展開になり、その差は約2分。
がつんといかれたらひっくり変えるタイムで終盤、再びLossoなI選手が入り逆転を狙われているところで自分にお鉢が回ってくる。
ピットインのタイミングで直接対決にはならないけれど、さっきの展開ですでに速さは体感している。
ちんたら走ったら順位を逆転されてしまう。
集団で休む余裕等無く、バーチャルトレーナー状態でひたすらTT走。またもやゲロゲロ酸欠状態。

なんとか4周回をこなしてゴールイン!

20120929-prize.jpg
PHOTO by roosterさん
無事チームとして、表彰台の一番高い所に立てました^ ^


チームイベントとして、メンバーと楽しい時間を過ごせたのももちろんだけれど、想定外のレーシーな展開で久々に超わくわくゲロゲロする自転車!が楽しめました。


以下、Log。
『午後前半』
【Lap1】5:44, 311W, 85rpm, 174bpm
【Lap2】5:19, 253W, 91rpm, 178bpm
【Lap3】5:25, 271W, 85rpm, 178bpm
【Lap4】5:29, 237W, 88rpm, 173bpm

『午後後半』
【Lap1】5:36 268W, 85rpm, 175bpm
【Lap2】5:56, 260W, 94rpm, 172bpm
【Lap3】5:47, 239W, 90rpm, 178bpm
【Lap4】5:57, 247W, 87rpm, 174bpm

こないな追い込み方したのはいつ以来だろう。
これをトレーニングとして週1ペースでやったら強くなるんだろうなぁ。。ゲロゲロ。
02:10  |  レース  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
2011.10/16(Sun)

2011富士チャレ200-ソロ210kmのラップデータ

乗ってもおらず、娘と遊びもせず、と言う訳で、更新が滞っていました。

実はこの間に、Garmin Edge705から取り出した.tcxデータを表示して遊べるMac用のソフトをあれこれ物色してました。
iphoneを使いだして、いつの間にかノートパソコンもMacになり、プライベートユースはほぼすべてMacに移ったので、Garmin先生のデータもMacで管理したいな、と。
ところが、これまでWinで使っていたWKO+はMacには正式には非対応(裏技はなくはないらしい)。

そこでGoogle先生にお聞きしたところ、ざっと見渡した感じ、

【Garmin Training Center(Mac)】

【PowerAgent(Mac)】
【Golden Cheetah】

の3つがMacで使えるデータ表示(解析)ソフトのようだ。


【Garmin Training Center(Mac)】

近頃のアップデートでPower(W)が表示されるようになったみたい。日本語表示にすると「電力」と訳されているあたりはご愛嬌。
Lap毎のデータや各パラメータ(出力やケイデンス、HRなど)のグラフは表示できるし、Map上でのデータ表示もできるけど、特定の区間のデータを抽出したり、週間、月間単位でのデータ管理はしてくれない。
不動峠アタックや農道区間等でちゃんとLapを区切っていれば、これだけでもブログにメモっておくデータを観るには十分だけど、データの蓄積を視覚化できないのはトレーニングしだしたら、物足りなくなりそう。


【PowerAgent(Mac)】
PowerTapの本家本元のSarisが無料で提供してくている解析ソフト。
Win版だとWKO+に匹敵する解析ツールの豊富さで、これが無料?と思うほどのUIの綺麗さと使い勝手の良さだったのだけれど、Mac版で試したところなぜかインポートしたデータの距離/時間データがごっそり抜け落ちていて正常に表示されない。

デバイスとしてGarminEdge705がソフトに認識されない事はWinでも同じで、ディスクとしてEdge705のフォルダから.tcxファイルをコピーしてデータをインポートするところまではうまくいくのだけれど、、、結局未解決。


で、最後の行き着いたのが
【Golden Cheetah】
Macで使えるフリーの走行ログ解析ソフトウェアとして、有志によるアップデートが続けられてらしい。
手作り感があることは否めないけれど、パラメータを選択して3次元表示させたり、PowerTrainingならではの解析機能もたくさん盛り込まれていて、使い込んでいけば、なかなかおもしろそう。
自分はエンドユーザーにしかなれないが、プログラミングの素養があれば自分で機能をアレンジしたりすることもできるみたい。
ただ、まだ慣れていないせいもあるが、UIがイマイチとっつきにくい印象。


結局、普段使いはしばらくGarmin Training Centerで、ちょっとずつGolden Cheetahを使っていこうかなというところで落ち着いた。
中庸としてPowerAgentが使えればいいな、と思うのだけれど、、、
MacでPowerAgent+Edge705の組み合わせで使ってらっしゃる方、もしいらっしゃれば、是非教えてくださいm(_ _)m


あ、で、タイトルの本題です。
先週の富士チャレのラップデータをグラフ化したいな、と思ってそういうことができるソフトがあるかと思って探したのだけれど、見つからず。
結局Golden CheetahのSummaryからlapデータをエクセルにコピペして、書くという力技。
まあ確かに10Lap以上周回するトレーニング/レースなんてなかなかないから、Lapデータの推移をグラフ化する需要はあまりないのかもしれないな。そのままトータルのグラフでもだいたいの傾向はわかるわけだし。

2011FU~1
こうやってグラフ化してみると、一定ペースで走っていたつもりでも、徐々に垂れてるのが一目瞭然。心拍とケイデンスは一定でも、ラップタイムは下がっている。
同一集団でレースしてたわけではないので、出力とラップタイムに常に相関があるわけではないけれど、心拍については連動していいはず。
にも関わらず、心拍と出力が連動していない点がちらほら観られる。

登りで踏んだか下りで踏んだかの違いかな?
Lap毎の出力推移をみていけばどちらが効率的なのかわかるかもしれないが、、、今日はもう眠たいので、また今度にしよう。。Zzz
03:43  |  レース  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.10/08(Sat)

2011/10/8・富士チャレ-ソロ210km

2011年の富士チャレ、ソロ210kmに参加。
予想よりはよいペースで、無事完走できました。


当日出発で渋滞に巻き込まれるのが嫌だったので、前夜に出発して会場の近くで車中泊をする事にしたが、これが裏目。
19時過ぎに出発し、高速に乗る手前でフラスコチューブを忘れたのを思い出して、取りに帰ったものの見つけられず、結局20時過ぎに出発したが、、、首都高で渋滞してて結局、足柄SAに到着したのが22:30頃。
車中泊したけど、冷え込みがキツくて、思った以上に寒かったt t

4:30に足柄SAを出て、5:20頃に会場に着いたら5:30に開場のはずのゲートがすでに開いていた。
しかもピット裏の駐車場には数台違いで入れず(後で移動し直したら空いてて入れれたけど。。)。


20111008-fujichallenge200.jpg
今回は距離たくさんなので特にアップするでもなく、まったり準備しながら、クロさん、M本さん(お久しぶりでした~)にご挨拶し、2週だけ運動がてら試走。
実は試走の目的はコース内から写真を撮る事だったのだが、どうやらそれが原因の事故が多いため今大会では写真撮影は禁止になったらしく、断念。
まあ、写真の通り、天気が悪くて富士山は見えなかったのだけれど、試走の時くらい撮影できると思っていたので、残念。

8:00からはキッズレース。今後の参考のために、未就学クラス500mを観戦。
未就学だと年齢幅は2-5歳と幅広いので、先頭の子は大人顔負けの高ケイデンスで突っ走る一方、のんびり走る子供達もたくさん。
そんな中、唯一のストライダーで出場していた女の子がシンガリを走り、微笑ましい注目を集めていた。
こーゆーのもありかも?(ニヤリ


20111008-fujichallenge-bikes.jpg
大人のレースは9;00にスタート!
今回は特に先頭集団についていく気もないので、中段やや前方からまったりとスタート。

下りと平地は集団内なら平気なペースだけれど、登りは圧倒的に遅れる。
1,2周目は50*25Tで登ったけど、とても最後まで続く気がしないので、3周目以降はインナー34を使う。

登りでインターバルがかからないよう、下りと平坦は一定ペースで回し続けて、登りはリラックスがてらダンシングを織り交ぜながら頑張らない程度に走ってると、なかなかペースが合う集団と合流できず、平坦と下りは先頭を引いて、登りはパスされてゆく感じ。


そんなでも、ま、いっか~。と、50kmくらい。

ホームストレートで後ろから、"こんにちは~"と声をかけてくださったのは、マツハシさん。
これまではチーム参戦だったけど、今回はソロ100kmに挑戦との事。
しばしお話ししながら走っていたが、ふと気がつくと別れてしまっていた。すませんm(_ _)m。

またしばし周回を重ねていると、再びホームストレートにて、
"今日はkiharaさんはどうしました~?"
と白ISOYAで眼鏡をかけた長身の選手に声をかけていただく。
きっと四葉ペンギンジャージのおかげ^ ^
こちらもしばしお話ししながら走っていたのだけれど、お名前を尋ねる前に集団が離れてしまった。
またまたすみませんm(_ _)m


たまに平地と下りで少し自分のペースより早めの集団が通れば、乗っかり、登りで離れてまた一人、をしばし繰り返していると、100kmを過ぎたあたりで、少しずつ登りが登れるようになってきた(ような気がした)。
身体の重りが落ちてきた?
脚も軽くなって回しやすくなってきた気がしたが、代わりに腰回りが激こりで痛くなってくる。

けど、腰の痛み以外はだんだんだんだん調子よくなってきてるのがわかる。

残り40km切ったあたりで、ちょっと早めのペースの集団が来たので、付いていってアウターのまま登りも付いていったら、きついけどリミットは超えることなく付いていける感じ。

お~、やっぱレーシーな走り方は楽しぃ~。

何周回か同じ集団で走っていたけど、ゴールインする選手がいたり、登りで混走になったことで集団は自然消滅。残り数周はまたマイペースで走り、結局、最後まで脚は活きたまんまでゴール。

今回はGarmin先生のGPSによるオートラップ機能で47rap確認できたので、念のため余計に周回するってのはなし。
というか、腰が痛くってそんな気になれなかったというのが本音t t


211.9km, 6:08:08, 198W, 153bpm, 88rpm


予想よりはよいタイムで完走ができ、ひとまず目標は達成。
ひとえに序盤、とにかく登りをマイペースで登っていたからだろうな。

いままで出ていたエンデューロは富士チャレも含めすべて、
”とにかく先頭集団にできる限りついていく、切れたらなんとか最後まで踏ん張る”
という、走り方しかしていなかったから、毎度序盤に貯金して、後半タレタレってパターンだった。

今回もそのパターンだったら、きっと序盤~中盤に脚つって、後半心拍上がらなくなって、本当に完走できてなかったと思う。
先週のクロ練に参加したおかげで、絶対的に登りで遅れる事もわかったし、インターバル的な負荷には耐えられないことや一定ペース走であれば後半身体がなじんで楽になってくることも体感できていたおかげだと思う。
その点は、ほんとクロさん&クロ練には、感謝です。

今の自分のコンディションなりのベストの走りができたし、終始ツラ気持ちよく楽しく走りきることができた!


だけど、

やっぱ、
しっかりトレーニングして、
”ガンガンいこうぜ”
の方が、
もっと楽しいな!というのも、また本音です。


**************************
ちなみに今日のお弁当は、
【補給食】メイタンccc×3本(inフラスコチューブ)、ヴェスパジェル×2、あんぱん×1、どら焼き×1
【ボトル】グリコCCDボトル600mL×2
ピットインはなし。

実はこれ以外に水のボトルを1本背中に入れていた。
2007年に200kmに参加した時にボトル2本で終盤脱水症状気味でヘロヘロになった苦い記憶があり、今年も正午くらいからは晴れて暑くなるんじゃないかと予想していたからなのだけど、今回は終始曇り空だったため全く飲まずじまい。ボトル一本分(ca.700g)荷物になっただけだった。


****************************
4時前に会場を離れて帰路についたが、腰がとにかく痛くって、このまま車の運転で3時間近く腰を固定するのははばかられたので、足柄SAによって、日帰り風呂&肉うどんを食す。

ここの風呂は”高濃度炭酸泉”らしく、10-15minの入浴で血行促進や痛みの緩和などの効能があるとか。
そのおかげか、はたまた肉うどんのおかげか定かじゃないが、腰の痛みは半分くらいになった。

首都高や常磐道のあちこちで事故渋滞が起きまくっていたけど、21時前には帰宅できた。
ちょうど風呂上がりの娘に出迎えてもらって、早速娘からの添い寝指令を遂行し、当然起きてブログなど書けるはずもなく、22時過ぎに就寝Zzz
22:56  |  レース  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.11/28(Sun)

2010/11/28・BikeNavi ツールドひたちなか

沖縄以来、全く乗っていなかったマイバイクを駆り出して、バイクナビ@ひたちなかにチームで参加してきました。
いやはや、準備してたらヘルメットに沖縄のときのゼッケンシールが貼り付けられたままだったり、
「準備するのに何が要るんだっけ?」と浦島太郎状態でした > <

レース会場に到着して、アップしたりしてる時も、

「あぁ~、レースのきつさってどんなだったけ~?」

みたいな状態でしたが、、、結果、走ってみたら、やっぱり辛き気持ち楽しい^ ^
ひたちなか平地コースなので、体重増が影響薄だったのがよかったんだろうな。
チームで2時間エンデューロ、3時間エンデューロに参加して、各45minずつ、先頭集団でまったり走ったのみでしたが、レース感は味わえましたv v

やっぱり自転車楽しい~。
そして、先頭集団で周りの様子見ながら走るの、やっぱ楽しい~。

結果はいずれのレースもカテゴリー3位で、ちょっぴり残念でしたが、いろいろ景品ももらえて、みんなで走れて満足、かな?


さてさて、
今回はチーム参加で空き時間があったので、ちょっと写真撮影にも力点をおいて、いろいろと撮ってみました。

一緒に参加した皆さん、お知り合いの皆さんの写真は、こちら

イメージショットは、こちら

よろしければ、ご賞味ください。

テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

23:33  |  レース  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。