05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.10/21(Mon)

ジャパンカップ2013 in 宇都宮

Japancup2013-27.jpg

10/20に宇都宮の古賀志林道界隈にて行われたジャパンカップ2013。
雨中の激戦を子供連れで観戦。

例年とは全く違うレース展開も凄まじかったですが、観戦するほうも大変よく頑張りました。

その他の撮影画像は、googleにアップしてあります。ご興味あれば是非ご覧下さい。
https://plus.google.com/photos/103444362823670781837/albums/5937214828165957905?authkey=CPjXltf525O_NQ
スポンサーサイト
23:35  |  写真撮影  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2012.03/15(Thu)

【参加者募集】ポートレート撮影 (One Family, One Person, One Item)

20120315-FamilyPortrait.jpg

ひとつの家族であると同時に、それぞれが大切なものを持っている。
ひとりひとりが自分の興味ある事に向かって今を生きながらも、ひとつの絆によって結びつく関係。
時間と共に移ろいゆくひとつの家族のかたちと、そのメンバーそれぞれの今その瞬間の姿を撮ります。


引っ越し後で空いたつくば市内のアパートの一室にて、上記のようなポートレート撮影を行う予定です。
ついてはモデルとしてご参加いただけるご家族、ご夫婦、ご親友、カップルを募集します~!!
日程は3/24(土)~3/26(月)、時間はご参加頂ける方毎に調整します。

現時点での詳細は下記の通りです。
ご協力、ご参加いただける方は下記詳細に目を通していただき、左カラムのメールフォームからご連絡いただくか、ペンギンライダー個人にお問い合わせください~。
撮影モデルとは言っても、同伴者の方とおしゃべりしていただいている間に撮影しちゃう気軽なものですので、少しでもご興味をもたれたディスプレイの前の皆さん!^ ^ご参加お待ちしております~。


【ポートレート撮影詳細】
■ご家族全員でも夫婦でも、あるいは親友同士でもO.Kですが、二人以上でのご参加が条件です。服装はお気に入りの普段着で。(普段着がスーツだったりレースジャージだったら、もちろんそれもアリです^ ^)

■各人に一つずつ、今の自分の大切なアイテムを一つ持ってきてもらい、そのアイテムと共に撮影します。撮影は一人ずつ、一人当たり10-15分程度です。アイテムは、、自転車でも可ですが^ ^、構成上一部分がはみ出してしまいますので、1m前後までのモノがベターです。

■撮影後、セレクトしていただいた写真について仕上げ処理をし、後日撮影データ(集合写真および一人ずつの写真、jpg形式)をお渡しします。ご希望があればプリントや額装も対応いたしますが、その場合は写真専用プリンターでの印刷とご希望サイズの額縁およびマットを準備いたしますので、それらにかかる最低限の費用分はご負担いただきます。

■撮影した写真の著作権は撮影者にありますが、モデルリリース(肖像権)はモデルさん自身にあります。ですので、撮影したデータを撮影者(ペンギンライダー)が無断で販売用途に使用したり、営利目的の媒体に使用する事はできませんし、ありません。プロモーション活動の中でシリーズの一部としてWeb上などで発表する場合も、必ず事前に承諾をいただいた上で行います。

その他、ご不明な点等ありましたら、記事コメントか左カラムにあるメールフォームにてご質問ください。


撮影イメージサンプルがpicasaにありますので、こちらもご覧ください~
→ご興味をお持ちいただいた方にリンクをお伝えします。左カラムにあるメールフォームからご連絡ください。


家族はもちろんですが、ご夫婦や親友同士でもオーケーですので、ちょっと遊びに行くくらいの気楽な感じでご参加いただければ幸いです。
たくさんの方々の撮影ができればありがたいので、周りでご興味ありそうな方にも是非お声がけください~
23:46  |  写真撮影  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.11/22(Tue)

自転車ライフ的ポートレート(起案)

20111122-orca in shadow

まだまだまだまだ始まったばかりですが、フォトグラファーとしての活動が少しずつ動き始めています。

「自分が写真というメディアを通して何をつくろうとしているのか」
「自分が写したいものは何なのか」
「仕事として成立させるには何が必要なのか」
etc...

そんな事を考えながらあれこれやってます。

で、そんな思考の対象、つまり被写体として自転車を考えてみると、いろいろな見方がある事に気が付く。
レースシーンを追うスポーツカメラマン、自転車雑誌の取材撮影、個人の記録としての撮影(not仕事)などなど。

どれもとてもエキサイティングだし、興味はあるけれど、自分がもっとも撮りたいのは、そのどれでもなく^ ^、、、


サイクリストの肖像(ポートレート)を撮りたいな、と思っています。

ジャージ姿のサイクリストとその自転車。
その2つの被写体の組み合わせの中にはとてもたくさんの事が写るはず。
自転車、パーツ、装備品、ジャージ姿、筋肉の付き方、スタイルなど、その人の自転車ライフそのものが表れるように思う。

なのでスナップ写真ではなく、ポートレートとして、しっかり撮りたい。


まだ企画イメージ段階ですが、実現させるために、まずは、言葉と文章にしてみました。

もしご興味もたれた方、「まず俺を撮れ~!」という方、いらっしゃれば是非コンタクトください。

あ、その前に、誰か僕を撮ってください!^ ^
22:07  |  写真撮影  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
2011.02/07(Mon)

2011/2/6・2010年度埼玉県クリテリウム競技大会・第3戦

気がつけば、前回の玉クリから丸1ヶ月ぶりのブログ更新になります。ご無沙汰しておりました。
そして、久々の更新は、またも玉クリ撮影日記です。
もはや自転車カメラ小僧日記状態?

玉クリ撮影も、もう3回目ともなると、結構撮影ネタも尽きてマンネリ気味かと思いきや、、
今回はまたちょっと趣向を変えたテイストの“ロードレースフォト”を狙ってきました。



例によって、撮影したデータの一部はpicasaウェブアルバムに置いてありますので、よろしければご覧ください。


実は、今朝は寝坊してしまったため、9時台スタートのレースからの観戦。
ついでに?移動も今日は徒歩のみで、撮影ポイントはほぼホームストレート周辺だけ。

今日狙ったテーマは、イメージショット中心で、
【逆光】【流し撮り】【縦位置】【広角】
といったキーワードを意識。

真昼間からストロボ焚きながらバシャバシャ撮影¥¥


第1戦の撮影と比べると、同じロケーションのレースにも拘らず、ずいぶん撮影スタイルが違うなぁ、我ながら。。。


もし自分が選手としてレースに出ていて、そのレースの写真が手に入るんだとしたら、第1戦のときのような、しっかりと選手や集団の表情を捉えた、記録・記憶となる写真が欲しいと思う。
アタックをかけた時とか、ゴールスプリントのシーンといった、レース展開の記録写真や瞬間の感情が伝わるような表情を捉えた写真がそれだと思う。

だけど今回は、それとは全くもって逆の写真を撮ってみた。
(学連レースの写真は一部、スプリントシーンの『記憶』)

ブレの激しい写真とか、逆光のシルエットショットとか、集団はおろか、選手の顔もわかんないような写真。

スピード感、人車一体の美しいシルエット、そしてロードレーサのある風景・・・

報道写真やスポーツ写真、というよりはもっと抽象的な、絵を描くような感覚。。


自分は後者の写真を撮りたいんだろうな、と思います。

ん~、でもでも究極的には、記録的でありかつ美術的・芸術的な写真ってのが理想なんだろうなぁ~。。奥は深い!
02:08  |  写真撮影  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2011.01/10(Mon)

2011/1/9・2010年度埼玉県クリテリウム競技大会-第2戦

昨年に引き続き第2回玉クリも写真撮影&仲間の応援で参加してきました。

今回は前回とは異なる撮影場所を選んで、いくつか自分なりのテーマ設定をして撮影をしたのですが、いやはや、たくさんのピンボケ・不良フレーミングの数々を生み出してしまいましたT T

かろうじて公開できそうな写真を少々Picasaにアップロードしましたので、よろしければご賞味ください。


午前中の前半~中盤のレースグループの写真が中心となっています。

picasaのアルバムはこちら



それにしても相変わらず朝は寒かった~
会場に到着したときは氷点下で撮影時の移動で折り畳み自転車に乗ってるだけで凍えそうな寒さでした。

カメラを持つ手もときおりガタガタ震えて手振れしそうなくらい ><
ピンボケ量産はそのせいか???
(いやいや、それは、腕です、はい。←ツッコまれる前に自分でツッコミ)

そんな冗談はさておき、本当に震えてたのか、あまりに不憫に見えたのか、

「そんなに寒い格好じゃあ、写真も撮るに撮れないでしょう」

と、撮影場所にいらっしゃった大会係員の方に携帯カイロを2つも頂戴してしまいました。
おかげさまで心も身体も温まりました。この場を借りてあらためて、ありがとうございました。


****************************************

今回の撮影テーマのひとつに、
「集団内にいる仲間を狙って画を作る」
というのがあったのですが、撮り終えてみて、適したロケーション選択の重要性を痛感。

集団内での位置取りが撮影ポジションと逆サイドだと、他の選手の影に隠れてしまうし、集団がフォーカスエリアに来る前に見つけられないこともしばしば。

あろうことか、ゴールしたのにも気がつけず、集団がゴールした後もずーっと待ち続けてたりしましたt t

あとで出会って聞いてみると、なんと入賞一歩手前の7位でゴールしちゃっていました。
「落車してもたん?」
なんて失礼なことを聞いちゃってごめんなさい^ ^;


次回も都合が付けば参加する予定ですんで、よろしくお願いいたします~

テーマ : 自転車(スポーツ用) - ジャンル : スポーツ

18:25  |  写真撮影  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。