07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.07/15(Fri)

CO2は抜けますよ

20110714-air.jpg
そういえば先日ブログに書こうと思っていたネタをすっかり忘れていました。
twitterでもつぶやいたCO2ガスのチューブへの保持力の件。

先週末パンクした時、CO2ボンベを使ってパンク修理をしたんですが、その時パンクの原因を見つけられないままとりあえず帰宅しました。
そして先日、乗ろうと思ったらパンクした前輪だけ空気圧が2気圧くらいまで下がっている。

”やっぱなんか刺さっててスローパンクしたかぁ~”

と、完全にタイヤを外して、チューブも桶に張った水を通して穴をチェックしたのですが、それでも何も見つからず。
???な、やぁ~な感じのまま不動峠往復したのですが結局なんともありませんでした。


そして、帰宅後いろいろと調べてみた結果、、、

【CO2はゴムを透過しやすく数日でチューブから抜けてしまう!】らしいです。
みなさん、ご存知でした???
これまでスローパンクだと思っていたものも、意外とこれだったりするかも。

ちなみにCO2(二酸化炭素)は通常の空気の大部分を構成するN2(窒素ガス)に比べて分子サイズが小さいため、チューブを構成するゴム分子間の隙間を通過しやすいというのが理屈です。
マクロな視点でみるとチューブに隙間なんてあるんかいな、と思ってしまいますが、分子レベルで観ると、ゴムは網目状に繊維状分子が編まれたもの(だからこそ伸び縮みできる!)なので、ガス分子はそのサイズによって程度差こそあれ、圧力差に従って少しずつ通過してしまうわけです。

というわけで、出先でCO2ボンベをつかって空気を入れた場合、数日で抜けてしまうので、帰宅したら通常の空気入れで、CO2に変わって通常の空気を入れ直しておきましょう、というお話でした。

今度から気をつけよ~っと。


*写真は記事の内容とは関係ありません^ ^
スポンサーサイト
00:59  |  パーツ・グッズ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.01/07(Wed)

シンガポールからお年玉

先日、全く別の用件で荷物が届くのを待っていたら、予定通りの時間にインターホンがなり、シンガポールから突然こいつが届いた。
090106-powertap1.jpg

おぉっ!ついにきたぁ!!!!
PowertapSL+じゃぁないかぁ~

実は、昨年末に、痺れを切らして、e4bikeに
「ちょっとあんさん、1週間後って言ってたのに、音沙汰なくって1ヶ月近くたってますよ。どうなってんの~?」ってメールを出してたのに、全く何の返事もないままなのでした。
ま、そんなもんだろう、とのんびり構えていたのですが、何の前触れもなかったので、ちょっとびっくり。

早速あけてみると、、、
090106-powertap2.jpg
「へっ?これだけ?」
ってなくらいの簡易包装。
ハブオンリーで注文したからかもしれないけど、マニュアルなんかも一切なく、ほんとただのハブだけ。
よくこれで海を渡ってこれたな、こいつ。。

パッケージの裏を見ると、
090106-powertap4.jpg

以前メールの返事をくれたダニエルの住所が。。
なんだか大学生が個人営業でやってるネットショップなんじゃないかという疑いが・・・

ま、なんにせよちゃんと届いてくれたのはよかった。
あとは、初期不良がないことを祈るのみだ。


ちなみに、商品到着から1日遅れでダニエルから以下のメールが届きました。
”Hi,
Your package was sent out on 30 DEC .
http://www.singpost.com/ra/ra_article_status.asp
REGISTERED ARTICLE STATUS INFORMATION

RA Number : RR681394766SG
Date of Posting : 30 Dec 2008
Source : REGISTERED MAIL SECTION
Target : NARITA, JAPAN
Despatch Number : 4731
Latest Status : ITEM DESPATCHED TO OVERSEAS
Date of Transaction : 31 Dec 2008
History : 30 Dec 2008 ITEM RECEIVED AT POST OFFICE
31 Dec 2008 ITEM DESPATCHED TO OVERSEAS

Regards,Daniel
E4BIKE.COM


「12/30に発送したならもっと早くメールの返事くれよ~」
ってのは、日本人的発想なんでしょうかねぇ。

ま、とりあえずe4bikeっていうお店は、日本的なサービスはないし、気も利かないお店ですが、悪いことする気のあるお店ではなさそうかな、というのが使ってみた印象です。
他の海外サイトを見ても2009のPowertapは品切れだったり、1月のデリバリー予定になってたりするので、そういう意味では、ちゃんと仕事はしてくれてるお店なのかな。

090106-powertap3.jpg
SLにちゃんと『+』がついてたので一安心^ ^

1月中にSBTMで組んでもらおうと思います。


*****************
昨晩がピークで、だいぶ風邪っぽさはましになったけど、今日はトレーニングはなし。
こじらせないように、早くちゃんと治そう。
23:59  |  パーツ・グッズ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.12/02(Tue)

むふふ・・・

海外のいくつかのサイトで2009モデルのPowertapのデリバリーが始まっているようです。

081202-PowerTap20SLC+.jpg


実は・・・


ポチっとしました。

e4bikeにて、SL+のハブ単体でUS$1299です。
サイコンはすでにGarmin Edge705があるので、ハブオンリーでいいし、用途としては、トレーニング中心だけど、メインレース以外ではPowertap装着状態で参加するつもりなので、多少は軽量で、ということでSL+にしました。
ちなみにGarminなどとの通信(ANT+sport)を使わないのであれば、2008モデルがディスカウントされていてお得ですし、2008モデルにアップデーター($100)を追加して、ガーミンとおしゃべりさせるというのも手です。でも、めんどくさそうかな?

紆余曲折(→後述)はあったものの、来週か再来週くらいに配送されるとのことです。
早速、SBTMに行って、ホイール組みの注文だ~
あ、ちなみに24Hを選びました。

背中を押した要因はいくつかあるものの、「円高」、「どうせ買うなら早く買ってトレーニングに使うべし」「嫁さんのGoサインが出て、気が変わらないうちに」といったところでしょうか。
為替に関しては、いつの段階での為替レートが適用されるのかはわからないけど、ひと前に比べれば、2割くらい円高になってるし、1$<100円ならいいかな、と。
それなりの値段であることには変わらないけど、ちょっと得した気分ですしw

ちなみに、e4bikeだと、カードでの支払通貨がドル、ユーロ、シンガポールドル、ポンドから選択できました。


早くこないかなぁ~。
サンタさんを待つ子供の気分だw


**********************
【紆余曲折】
ポチっとしたのは先週の水曜日だったのですが、カード決済確認の自動返信が届いたのみで、しばらく全く音沙汰なし・・・
「感謝祭で休んでるのかなぁ~」なんて思いながら、待っていたものの週明けになっても受注確認メール(サイトには、注文後すぐに送られてくると書かれている)が届かなかったので、昨日、確認のメールを出してみました。

そしたら、何事もなかったかのように?今日、このメールが届きました。

"Hi,
We received your order , but due to over whelming sales , we are currently out of stock . Product will be sent out from Saris USA next week.
We will immediately sent it out via air parcel and a track no: will also be email to you.
Once again , we are sorry for the inconvenience and thank you for shopping with e4bike.com
Regards,Daniel
e4bike.com
"

在庫が切れてるから、来週Sarisから届いたら送るよ。って、、、
日本のショップだったら、こういうことって、お店のほうから連絡してくるのが普通だと思いますが、海外の場合って、こちらから「待ってるんだけど?」って意志表示しないと、音沙汰ないってことがよくある気がします。
文化の違いと言ってしまえばそれまでかもしれないけど、お店側からすれば、「別に気にしてないやつにわざわざ連絡する手間をかける必要はない」っていう考え方なら、効率がいいのかもしれない。

でも、何も考えてないだけな気がするなぁ~

「おっと、いけね、忘れてた」って。

いずれにせよ、ちゃんと注文できてたので、よかったよかった^ ^
21:38  |  パーツ・グッズ  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2008.11/22(Sat)

ふくらはぎのむくみでお困りの方に

ヨシハラさんにお尋ねいただいたSKINSに関して、あまりテクニカルなインプレはできませんが、感じた内容を書いてみます。

自分がこれまでに使ってい(た)るのは、3種類。

1.SKINSのSPORTSロングタイツ
2.SKINSのTRAVEL&RECOVERY
3.2XUのロングタイツ

ちなみにこのうちの1.は9月のフランス出張の時にどこかのホテルで忘れてきてしまい、帰らぬSKINSになっています。。。


******【コンプレッションタイツ全般について】************

自分はここ最近はトレーニングした日はトレーニングの後シャワーを浴びた後から就寝時まで、ほぼ必ず着用しています。洗い替えのタイミングがあっていれば、トレーニング頻度が高い時期は日常生活中でもジーンズの下に、肌着代りに着用しています。
ここ3か月は、、ほぼ毎日ですね^ ^

効果として、まず、
『ふくらはぎのむくみがかなり抑えられます』
見た目ではっきりとわかるくらい差が出ます。
週末ハードに乗った次の月曜日の朝の、あれ、がなくなって、当然そのぶん脚が軽く感じられます。

あと、自分の場合は朝トレしてから終日デスクワークをした日なんかはふくらはぎがパンパンになっていたんですが、それも抑えられてます。ちょっと飲み過ぎたり前夜に食べ過ぎた次の日にも・・・ってそれは別か?

疲れの取れ具合は栄養補給や体調なんかにも左右されますし、個人差もあると思うので、定量的に測るのは難しいですが、
『トレーニング後の脚のむくみを抑えられる』のは間違いありません。

もちろん、むくみが取れるからと言って、ダイエット効果やスピードアップに直接的につながるとは思えませんが(そう謳ってる肌着メーカーのCMもあるみたいですが・・・)、回復が早くなった分、負荷をかけたトレーニングをより効率的かつより高頻度にできると考えれば、週日もトレーニングをしている人にとっては間接的にレベルアップのスピードを上げれるともいえます。

自分は現在、2.と3.の2着を持っていますが、ほぼ毎日の着用を考えるとあと1着くらい洗い替えで欲しいなぁ~、と思っています。その前にトレーニングを継続してる姿で嫁さんを納得させなきゃいけませんが・・・w

ちなみに、上記1-3のいずれのコンプレッションタイツに関しても、効能的には特に差は感じません。

あと、運動中の着用もメーカーサイトなどでも書いてありますし、レースイベントでも着ている人がいますが、個人的にはあまり使いたくありません。
以前、ローラー台時に着用したところ、べとついて身体に張り付いてしまいました。
夏場だったというせいもあるかもしれませんが、速乾性や吸汗性は期待しないほうがいいかもしれません。


*******【1-3の個別のコンプレッションタイツについて】***********

動きやすさという意味では、2XUの3.が一番いいかもしれませんが、やや腰回りやくるぶし周りがコンパクトで、お腹のところが紐じめ(SKINSは幅広ゴム)なので、用を足すときにほどくのがちょっと面倒です。

個人的には2.のRECOVERYモデルが脚首回りからお腹までしっかり「穿けている」感じがあって好きですが、脚の裏にひっかける部分がついているので、外出時靴下を履いて靴をはくとたまにまるまって足裏に違和感がでます。
081122-skins.jpg
2.SKINSのTRAVEL&RECOVERY 。
太腿横のラベルプリントは何度か洗濯したらすぐにはがれます。
コンプレッション機能を保つために、あえてプリントが弱めなんだそうです。

*********
値段的、効果的にはどれでも差がないと思うので、デザイン性で選んでしまってもいいかもしれません。
平日も負荷をかけた練習をして、レベルアップを目指す場合や、とにかく乗った後のむくみが気になる場合は、ほんんっとお薦めです!


自戒の念をこめて、毎日ちゃんとSKINS着用の意味があるようにトレーニングをしていかなきゃ、ですw
20:15  |  パーツ・グッズ  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2008.11/08(Sat)

トレーニングのお供

ローラー台にぶつくさと文句を垂れている今日この頃。

新たな物欲台風になるか?

Sarisの【PowerBeam Pro】081107-saris.jpg

最大1000Wの負荷をかけることができ、トレーニングメニューをPC上で作成すれば、そのプログラムに従って負荷を自動的に変化させてくれるらしい。
もちろん、Sarisなんだから、パワー計もついているし、サイコンとの通信はすべて無線。

パワータップ付きのホイールを買ったとしても、外で乗っているホイールそのままのタイヤでローラーをやっちゃうと、どうしてもタイヤの摩耗が気になる。
システマティックなトレーニングをやる場合にローラー台が中心になるとしたら、ローラー台にパワー計がついているほうが手っ取り早いかも、というのがこいつに注目した理由。

肝心のお値段のほうは、SarisのHPでは1200$。

が、イギリスのネットショップだと・・・
なんと637€!

ユーロ安の今なら、送料含めても10万以内には十分おさまる価格です。

うむう、ユーロが安い今のうちに買ってしまおうか、パワータップ2009モデルを待つべきか、いや、まあ、どっちとも買えりゃいいけど、さすがにそれは嫁さんに言えない。。

人の目を見て言えないことは悪いことですw

ちょっとじっくり考えよう。
とりあえずは今の環境でできる限りのトレーニングからだ。
もしばらく金融不安には頑張ってもらって?円高ドル安ユーロ安をキープしといてもらいましょう。


そういえば、SarisのHPに2009モデルのパワータップのラインナップが公開されています。
まだ海外のネットショップなどには出回っていないみたいですが、もう発売間近っぽいですね~。

***********************

>ヨシハラさん
自分も最近、絶対的な筋力のUPにケイデンスを落としたテンポ走(メディオ)やSFRが必要かと、感じてきています。スピードインターバルやAT走だけでは、心肺機能や耐乳酸性はあがっても、ベースとなる筋肉量の増加には効果が薄いのかな、と。
SFRは坂道でやれるのが一番ベストなんでしょうが、環境上の制約もあるので、ローラーでできるといいですよね。ミノウラのVFSでやるとしたら、ブレーキを常時リムにあてた状態にしてやるなんてやり方をどこかで聞いた気がしますが・・・どんだけシューが減るのやら?
00:28  |  パーツ・グッズ  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。